美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年8月7日  イベント

副手さんの夏休み(愛と冒険の旅in 小豆島)

8月3日(土)午後21時:

 

歩き回ってクタクタの夜のことです。

 

「すみません。このへんで、夕飯が食べれる所ってどこかありますか?」

 

Aさん「今、何時?』

Bさん「もう9時じゃな〜。こんな時間じゃ、どこの店を閉まってるで〜」

Cさん「あそこはやってるんじゃないか?電話して見ろよ。」

Dさん「あ。そっかー。わかりました。は〜い。大丈夫です。ありがとう。」

Dさん「ダメだ。満席だって。」

Eさん「じゃあ、あそこは?ほれ。ロビンソン」

 

彼らはみんな島の人。みんな、とっても良い人たち。

私たちのためにあっちこっち、ご飯が食べれるお店を探してくれています。

AさんもBさんもC さんもDさんもEさんも、みんな、わたしたちの知り合いでもなくなんでもなく、ただそこで出会ったというだけのこと…。

 

Bさん「OK. 開いてるって!」

 

ところで、ロビンソンってどこだ?

私たちはただの旅人です。島に何があるのかも、わからなければ、車もありません。

ロビンソン…どうやって行けばいいんだ…。

 

Dさん「じゃあ、私送るよ〜。車、回して来るから下で待ってて〜。」

「え!いいんですか?」

 

何度も言います。

私たちはただの旅人です。島には知り合いは1人もいません。

親切なこの方達は、たった今ここで偶然出会った人達なのです。

 

島っていいなぁ〜。

 

 

 

オリーブを持ったスペシャルトラやん号に乗せられて、私たちは小豆島に上陸!

今、話題になっている、瀬戸内国際芸術祭2013 夏!に行って来たのです!

 

島のおもしろさ その①

とにかく、歩く!迷う!

島の中は迷路です。どこに作品があるのか、現在地から展示会場まで、どのくらいの距離があるのか、

地図を見てもいまいちわからない。

 

本当にこの道であっているのかな?

これは、人の家の敷地なのでは…?

 

汗だくになりながら、見つけた作品!

島の人たちからの「いらっしゃい♪」の声

冷たい麦茶と朝採りたてのトマトときゅうりの差し入れは、

格別に美味しかったです。

 

 

島のおもしろさ その②

香ばしい香り

小豆島はお醤油屋さんの島です。

歩いていると、香ばしい香りがふわぁ〜と寄ってきます。

おすすめは、ヤマロク醤油さんです。

http://yama-roku.net/yamaroku/about.html

ちゃっかり、お醤油とポン酢買ってしまいました♡

歩きながらの醤油ソフトもおすすめです。

夏の暑い日、ひんやりソフトを食べながら芸術鑑賞。

なんと、贅沢なのでしょうか!

 

 

 

 

島のおもしろさ その③

ス ケールがでかい!

ドーン!!!

 

 

 

ドーン!!!!

 

 

 

ドーン!!!!!!

 

 

 

このロケーション最高です!

是非、皆さん行って下さい!!!!

楽しい夏を!

 

おすすめ:ホテル ベイリゾートホテル小豆島 http://bayresort-shodoshima.jp/

お醤油屋さん ヤマロク醤油さん http://yama-roku.net/yamaroku/about.html

居酒屋  炉便村 (ロビンソン) お魚が美味しいです♡

 

アート:小豆島 坂手港 馬木エリア

小豆島 ワン•ウェンチー 小豆島の光

豊島  横尾忠則/永山祐子 豊島横尾館

豊島  内藤礼/西沢立衛  豊島美術館

 

 

副手 ホンダ

 

 

関連記事

<568569570571572>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。