基礎美術コース

体験選抜型Ⅰ期入試が無事に終了しました。

こんにちは。日本の伝統文化を幅広く学んでいく基礎美術コースです。

京都芸術大学の体験選抜型Ⅰ入試が先週末無事に終了しました。

体験選抜型入試とは、その大学の授業を受けながら、授業自体が入試となっている制度のことを言います。

通常の入試と異なり、大学の授業の一旦に触れてもらいながら入試を行うということで、基礎美術コースも感染症対策に十分気を使いながら行いました。受験生の皆さんにも入室時の手指消毒や各種道具の消毒までご協力いただきなんとか無事に終了することができました。感染症対策をしながら授業を受けてくださった受験生の皆さん、本当にありがとうございました。

今回の授業の教室の入り口には昨年の卒業生が書いた「基礎美術」という看板を掲げてみました。基礎美術コースの教室が分かりやすかったのではないかと思うのですがいかがでしょうか。

 

基礎美術コースの今回の授業の内容は「金箔・銀箔と銀色の絵具を使い、キラキラ光る装飾的な作品を描こう!」というもの。

ここでは受験生の作品はお見せできませんので7月の体験授業でデモンストレーションで作成した作品写真を掲載しておきます。

 

体験選抜Ⅰ期が終わったばかりですが、今週末には学園祭×オープンキャンパスが行われます。

また、体験選抜Ⅱ期入試も10月9日(土)・10日(日)に迫ってきています。

今回の選抜Ⅰ期では基礎美術コースに興味がありながら、タイミングが合わずに受験できなかった高校3年生や受験生の方はぜひ学園祭×オープンキャンパスを参考にしながら体験選抜Ⅱ期での受験を検討してみてください。

 

基礎美術コースの体験選抜Ⅱ期の授業内容は「写しと見立て 名作をリサーチしてオリジナル作品を描こう!」となっています。

昔の作品を参考にして新しい作品を描いていく内容です。リサーチ→プランニング→制作という、大学での作品制作のプロセスを一足先に体験できる貴重な機会です。

楽しい授業を用意していますので検討してみていください〜。↓詳細は以下のサイトまで↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_a/

 

学園祭×オープンキャンパス 9月18日(土)・19日(日)

学園祭で大学の雰囲気を知ることができるほか、同時開催のオープンキャンパスでは教員相談コーナーが行われたり、入試個別相談のコーナーもあります。体験選抜型Ⅰ期のエントリーは終了しましたが、体験選抜型Ⅱ期入試など、今後も様々な形の入試が行われます。高校1,2年生だけでなくまだまだ受験に迷っている3年生・受験生の方のご来場もお待ちしています。

詳細はこちら→https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc09-18_09-19/

<910111213>