アドミッションオフィス

【kuapedia】演技・演出コースの学生・授業内容を紹介!

演技・演出コース 

出典:京都芸術大学百科事典『クアペディア(kuapedia)』

演技・演出コース(英:Directing and Acting Course)は、京都芸術大学にある13学科23コースのうち、舞台芸術学科に属するコース。この記事では、いま現在コースで学んでいる学生をクローズアップ!さらには、実際に行われている授業の様子や、制作した作品などをご紹介していきます。

目次[非表示]
1 学生の紹介
1-1 プロフィール
1-2 現在の時間割
1-3 自分のコースの好きなところ
1-4 高校時代、志望校を選ぶときにポイントにしたところ
1-5 授業以外で取り組んでいる活動
1-6 高校生にひとこと!
2 授業紹介
2-1 プロ監督のワークショップ/オーディション
2-2 アニメーションのアフレコに挑戦!
2-3 在学中に連続TVドラマに出演!

 

1 学生の紹介

1-1 プロフィール

[1]現・体験授業型選抜Ⅰ期のこと

1-2 現在の時間割

お気に入りの授業は『舞台表現演習・殺陣』。よく時代劇や、大河ドラマなどで度々見かける殺陣(たて)を実際に現場でご活躍されている先生が毎週ご指導してくれる授業です!足の使い方から丁寧に教えてくれるので初心者でも安心して受講できます!

1-3 自分のコースの好きなところ

沢山あります!…が、舞台とは何なのか。役者とは何なのかという事を様々な角度から考える事が出来るコースだと思います。とにかく【人】と関わるコースです。様々な考えを持った人と同じ舞台に立つことによって、自分自身大きな刺激を貰うことが出来ます。そして、教職員の先生方や研究室との距離もかなり近いです。多分…学内1.2を争う位だと…(笑)

1-4 高校時代、志望校を選ぶときにポイントにしたところ

「今、自分が一番何をしたいか」を重要視しました。それが直接「勉強」という事に繋がらなくても良いと思います。あとは、その土地柄とかでしょうか…。大学の周りに美味しい食べ物屋さんがあるとか(笑)大学であれば基本的に4年間、「自分を如何にレベルアップしてくれる場所であるか」が何よりポイントだと思います。

1-5 授業以外で取り組んでいる活動

1,2年次連続で「お化け屋敷プロジェクト」に参加をしました。毎年本学で行われる学園祭と同日に開催される人気イベントを前期~夏休みを通して企画・運営するプロジェクトです。新型コロナウイルスの影響で実際に作る事ができない等、例年とは異なるなか学生主体となって真のホラーを追求してきました。また他学科・他学年の友人が増えるのでとても楽しいです!

1-6 高校生にひとこと

私は生まれも育ちも群馬県で、言ってしまえば京都に縁もゆかりもありません。ですが(高校)当時、夢中になっていた演劇を大学で本気でやりたいと思っていた時に見つけたのがこの京都芸術大学です。最初はオープンキャンパスに行くのをためらいました。だって、遠いんですもの。ですが、パンフレットを見た時にこの大学は本気で学生たちの夢を叶えられる場所だと感じました。それが群馬を飛び出し京都に来た理由です。今この文章を読んでくれている高校生の皆さん。現在、多くの制約の中で学生生活を送っているかと思います。その様な中でも、皆さんの心の中には何か「本気」になれるものやコトがあると思います。または、本気でやってみたいコトでも…。是非それを京都芸術大学という場所で存分に探求してください!多くの出会いが皆さんを待っています。たった一度の人生、やってみるなら思いっきり!これからを頑張る皆さんに幸多き事を願って。

2 授業紹介  

2-1 プロ監督のワークショップ/オーディション

「あずみ」、「ルパン3世」など日本映画でも知られるハリウッドの映画監督・北村龍平氏による演技ワークショップ/オーディションに舞台芸術学科の学生17名が参加しました。演技だけでなくプロの俳優として生き抜くための心構えなど監督から熱い指導を受けました。

詳しく知りたい方はこちらをクリック!

IMG_8284IMG_8353

2-2 アニメーションのアフレコに挑戦!

舞台芸術学科では声優を目指す学生に向けた授業も行っています!この日は声優・野田順子先生の指導の下、アニメーションに命を吹き込むアフレコに挑戦!

詳しく知りたい方はこちらをクリック!

2-3 在学中に連続TVドラマに出演!

舞台芸術学科 演技・演出コースで学ぶ2年生へのインタビューをお届け!ABCテレビ連続ドラマ「ミヤコが京都にやって来た!」に出演と、着々とチカラをつけています。日々の授業で印象的なことや、作品に取り組む上で大切にしていること、そして、ドラマ出演にあたっての想いを語ってもらいました。

詳しく知りたい方はこちらをクリック!

<45678>