舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月12日  授業風景

【夏期】集中授業第6弾

真夏も過ぎ去り、ようやく過ごしやすい季節になりつつありますが、

まだあります!集中授業!

 

第6弾は

9/2~7の6日間。

講師に舞台美術家の加藤ちか先生をお招きして、舞台美術の授業をしていただきました。

かなり、少人数制となってしまった授業で、少しもったいない…もっとみんな受講すればいいのに…と思ったりもしましたが、それはそれで、少人数だから叶うギュッと詰まった濃密な授業になっていました。

加藤先生2

授業の内容としましては、一つの戯曲をモチーフに舞台美術のデザインの可能性と技法を実践的に学びます。

今回使用した戯曲は、学科長の川村毅先生の作品「4(フォー)」でした。

まずは戯曲を読むところからはじまり、イメージを書き出し、ラフスケッチを描いて、図面をひいて、模型を作って…

みんな自分で目標を高く設定して、四苦八苦していましたが、できる範囲のことを手堅くやることより、しんどいけど、ちょっと背伸びして頑張るっていうのがすごく意欲が感じられていいなぁと思いました。

加藤先生3

最終、プランの発表をそれぞれして、詰められてないところもありながらですが、みんな個性的なプランを提出していました。

加藤先生4

模型もなかなかしっかりできていて感心しました。

写真で撮るとちゃんと立ち現われているように見えて「お~!」

加藤先生6

いい感じですね。

授業中で模型が完成しなかった人もいましたが、課題にしてまで完成させるようです。

まだ楽しみです。

 

さっ!

集中授業も残すところあと2つです。

もうひとふんばり!

 

副手:鴨嶋

関連記事

<328329330331332>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。