舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月18日  授業風景

【夏期】集中授業第8弾

夏期 集中授業第8弾は

9/9~9/14にありました。

舞台照明家である、北寄崎嵩先生による舞台照明の集中授業でした。

 

演劇や舞踊は、戯曲、演出、演技者、振り付け、ダンサーなどの主導的な要素と

装置、照明、音響、衣装、小道具などの副次的な要素とが密接に関連して構成されていますが、

上演する作品の、舞台照明仕込み図の作成、仕込み作業、照明合わせ、舞台稽古

そして上演に至るまでの照明のデザインと操作を学びます。

 

舞台照明デザインが出来上がるまでのプロセスを講義と実演を交えて、

進められていきました。

今年は履修人数がとても少なく、超濃厚な授業になりました。

 

3人で悩みながら、明かりを決めています。

3人で悩みながら、明かりを考えています。

最終課題はチェーホフの「ワーニャ伯父さん」にあるひと幕を役者に演じてもらい、

それに照明をつけて行きます。

 

図面ときっかけ表です。 細かく書き込まれています。

図面ときっかけ表です。
細かく書き込まれています。

北寄崎先生自ら、明かりにあたりながら、 光の当て方や効果を指導しています。

北寄崎先生自ら、明かりにあたりながら、
光の当て方や効果を指導しています。

役者が入っての上演。 1週間がんばった成果がでていますね。

役者が入っての上演。
1週間がんばった成果がでていますね。

1週間おつかれさまでした。

1週間おつかれさまでした。

 

関連記事

<327328329330331>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。