美術工芸学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年9月10日  日常風景

【研究室訪問】<速報>開催地は日本画コースに決定

 

 

こんにちは日本画コースの副手です。

いよいよ夏も終わりに近づいてきてちょっと切ない毎日ですね…

 

そんな夏を越えてやってきた研究室訪問コーナーの開催地が決定しました!
※前回は美術工芸学科の研究室でした

 

 

今回の開催地は… NIHONGA!(IOC会長っぽく)

 

 

********

 

日本画コースの準備室は、NC棟の6階にあり瓜生山でも高い位置にあります。震度1でも一人騒ぎます。
他コースだと用がない限り前すら通りません…!お気軽に訪ねて下さい。

 

では入ってみましょう!

写真 2013-09-09 15 19 39

 

入ってすぐ、副手と職員用・学生用のPCがあります。

(もうちょっと片付けてから撮ればよかった)

展覧会情報や、就活情報、美術雑誌も置いています。
ここで生徒もみんなチラシを見たり、画像を編集・印刷したり、コピーをしたり、
〆切がやばいとか、今季のアニメはあれがいいとか、〆切がやばいなどという
いろんな会話をします。

 

写真 2013-09-09 15 17 58写真 2013-09-09 15 16 24

授業用の道具や本、植物などさまざまなものがあります!
なかなか広いです。

普段は先生方や副手や技官が揃っています。

 

写真 2013-09-09 15 14 39

…何やら飾ってあります。

日本画コースの行く先を祈願するためいよいよ妖しい術を…ではなく
生徒達が島根県の美術祭に参加した際、石見神楽というお神楽の演舞で使用された御幣です。
大学対抗じゃんけんで勝ち取ってきたものだとか!ご加護ありそうです。

 

写真 2013-09-09 15 15 26 写真 2013-09-09 15 15 58

研究室には金魚がいます!人気者です。

顔を近づけるだけで(餌をくれると思って)寄ってきてくれます~。かわいい!
「我が名はエリザベス」とありますが
正直どっちがエリザベスかわからないので
全員エリザベスです。

 

実はもう一人人気者のなまずのどんちゃんがいて

ここで紹介する予定だったのですが
長年住んだこの夏にとうとう旅立ってしまいました…
生徒の付けた戒名と共に供養されました。
ありがとうどんちゃん…

 

 

********

 

さて、日本画研究室には知る人ぞ知る!日本画ーデンがあるのです!
ベランダへ出てみるとそこには…

IMG_8008

おお~!植木鉢やお花がたくさんあります!

IMG_8001 IMG_8005

技官さんが中心にお世話をしてくれます。先生方もここでお花を植えたりします。

育った花は隣の教室で描かれたり、鑑賞されたり癒しの空間になっております。

_MG_8164 _MG_7853 _MG_7785 _MG_7780_MG_7781 IMG_8002

 

実は、野菜も育て始めました!
IMG_8003

ナスとトマトです。

_MG_8166 _MG_8165

雨や風やテントウムシダマシ(という名の天敵虫)と闘いながら…

 

収穫されたものがこれ!

_MG_8386

おいしそうですね~!!!

_MG_8161

すぐに食卓へ。シェフのきまぐれトマト~キューピーのバジルソースを添えて~ですね。
(日本画コース研究室にはシンクと包丁がちゃんとあるのですぐに食べられます)

_MG_8162

私たちが育てました!

 

こちらの農家のみなさん(左:日本画コース佐竹先生 右:日本画コース技官阿部さん)は、

いつも日本画コースブログも書いて下さいます。見てね!

この前は自コース製バジルを使い生ハムとチーズを巻いた一品が登場し周囲を驚かせました。

研究室とは一体…

 

IMG_8006ところで6階は眺めもいいですよ!

 

******

 

いかがでしたか?
授業以外でも、日本画研究室はいつもいろんなことで盛り上がっています。
また紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。

次回!研究室訪問コーナーは油画コース
前代未聞の研究室紹介記事を書いてくれると思いますよ~!
お楽しみに~

 

 

 

 

*おまけ*
DSC_0175 DSC_0183 DSC_0188

3年生によるスイカ割の写真で夏をお送りしました

 

 

関連記事

<561562563564565>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。