文芸表現学科

卒業生・小山輝一郎さん著『ソード・ワールド2.5リプレイ ユーシズ魔法学園録 魔神使いと影光の学舎2』が発売中!【学生ブログライターによる執筆】

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

本日は、21年3月に卒業された小山輝一郎さんの『ソード・ワールド2.5リプレイ ユーシズ魔法学園録 魔神使いと影光の学舎』を、在校生である後藤がご紹介します。

 

学科ブログをよくご覧いただいているかたは、この本のタイトルに聞き覚えがあるかもしれません。

じつはいちどブログに登場したのですが、それは第1巻が発売されたときのことでした。

 

小山輝一郎さん著『ソード・ワールド2.5リプレイ ユーシズ魔法学園録 魔神使いと影光の学舎』が発売!│文芸表現学科│KUA BLOG(kyoto-art.ac.jp)

▲前回のブログはこちら

 

 

そしてこのたび、めでたくも第2巻が、21年8月末に刊行されたのです。

 

 

前回のブログにTRPG・リプレイとはなにか、かんたんな説明がありますが、制作者たちがTRPGを実際に遊び、その様子を物語として文字化する作品形態を指します。わたしはこうした作品をはじめて読んだので、どこかゲーム実況に似ていると思いました。

また、普通の小説とはちがい、基本的に会話文とゲームの補足で構成されていて、挿絵がゲームの世界観に引き込んでくれます。

まったくの初心者でも、補足情報を追いながら読むことで、設定が分からない!などの心配は杞憂でした。TRPGもリプレイも知らないわたしにとって、新鮮な読書体験となりした。

 

TRPGは未経験……というかたにも、『ソード・ワールド2.5リプレイ ユーシズ魔法学園録 魔神使いと影光の学舎』はおすすめできます。

なお、「ユーシズ魔導公国」と学園の情報に加え、シナリオがついていてすぐに遊べる『ソード・ワールド2.5サプリメント 魔導の学府ユーシズ』という本(電子版)が、今年12月18日に発売されました。

 

この学園の物語は、どんどん拡張されそうですね。

 

 

※TRPG…「テーブルトーク・ロールプレイングゲーム」の略称。紙と鉛筆、サイコロなどを用いて1キャラクターになりきり、テーブルを囲んだ仲間同士の会話とルールブックに従って物語を紡いでいく。

 

 

ソード・ワールド2.5リプレイ ユーシズ魔法学園録

魔神使いと影光の学舎2

呪われたアモンの過去の真実へ――魔を討つ学園リプレイ、急展開の第2弾!

夏休みが間近に迫るユーシズ魔法学園。初の試みとして、実地での昇級試験が行われることに。選ばれた会場は、アモンの故郷・オンデ島。しかし、平穏な島の裏側では、魔神に関わる恐ろしい儀式が進められていた――。(KADOKAWAホームページより)

 

監修:北沢慶

著者:小山輝一郎/グループSNE

イラスト:とよた瑣織

出版社:KADOKAWA

定価:990円(本体900円+税)

発売日:2021年8月20日

KADOKAWA HP:https://www.kadokawa.co.jp/product/322104000819/

 

 

 

 

ソード・ワールド2.5サプリメント 魔導の学府ユーシズ

シナリオ付きですぐ遊べる! 魔法学園が舞台の新ワールドガイドが登場!

アルフレイム中の才能が集う魔法学園に、あなたも入学できる!? 魔法が身近なユーシズ魔導公国と学園の解説に加え、すぐに遊べるシナリオに、学園ならではの追加データも。魔法のある生活を堪能できる一冊が登場!(KADOKAWAホームページより)

 

監修:北沢慶

著者:河端ジュン一・小山輝一郎/グループSNE

カバーイラスト:とよた瑣織

出版社:KADOKAWA

定価:3,080円(本体2,800円+税)

発売日:2021年12月18日

KADOKAWA HP:https://www.kadokawa.co.jp/product/322108000987/

 

 

 

 

 

(学生ブログライター 1年・後藤心)

 

 

 

 

 

 

<2324252627>