キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年10月30日  授業風景

学生ブログより:「情熱大学~三木先生ゼミ~」

最近窓のそばでゴロゴロする猫、「ねこまど」の写真に癒されています。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

こんにちは!京都は寒いです。ゆきりんです。

秋なんかなかった。

 

早いもので後期の授業が始まってからもう一ヶ月が経とうとしています。
そんなこんなで後期の作品作りについて書こうと思います!

何をしようかウ~ンウ~ンと頭を抱えていたのですが、考えた中で自分が一番ワクワクするのが『実写の映像を作ること』でした。
というわけで後期は実写の映像作りをやります。

 

 

まずは企画書を書きました。
\ドドーン!/
01_20131021154318ae0.jpg
こういうものをパクr、リスペクトと言います。

 

企画書を見ていただいたら分かる通り、大学の講師である池田先生のドキュメンタリーを撮ることにしました。

 

池田先生本人から承諾も得ました!
02_201310211545413c2.jpg

 

 

とりあえず企画は通ったので、今はどのような構成、演出にするかを考え中です。
池田先生が、「自分を中心に撮られるなら面白くないと嫌だな~(笑顔)」と仰っていたのでプレッシャーに打ち負けそうですがなんとか面白いものを作りたいと思います!

 

 

私の後期の制作に関しては以上です。

 

 

 

続きまして、三木ゼミの他の学生にインタビューさせてもらったのでその内容を書いていきます。

今回インタビューさせてもらったのは中優海さん!
03_20131021154444ec2.jpg

 

一回生のときから積極的に作品作りを行っている活発な学生です。
いい笑顔。

 

 

Q.後期は何を作っているんですか?
中ちゃん(以下、中):オリジナルの雑貨とか作って、雑誌を作ろうとしてます。
ゆきりん(以下、ゆ):雑誌?
中:Tシャツとかピアスとか全部作って、実際に友達に付けてもらって、ミニ雑誌みたいなのを作ろうとしてます。
ゆ:あの服屋さんとかでもらえるやつ!(カタログ的なパンフレット的なあれ)
中:そうそうそうそう!

 

04_20131021154446049.jpg

 

Q.何で三木先生のゼミを選んだんですか?
中:自由に色んなものを作りたかったから。別にアニメーションをやりたいとか・・・決まってなくて、
色んなことに挑戦出来そうだなと思って三木先生のゼミにしました。
ゆ:なるほど~今までの三木ゼミでの制作で気付いたこととかあった?
中:絵を描くだけじゃなくてそれを物に起こして、物になったものを人に見てもらったり、プレゼントして喜んでもらったりして、実際にちゃんと商品にしたいなって。
ゆ:人に喜んでもらえる、喜び!
中:喜びを・・・学んだ・・・!みたいな。(笑)

 

05_20131021154447bf4.jpg

 

Q.将来的にはどうなりたい?
中:最終的には、ブランドを作りたい。
ゆ:お~!中ちゃんの?中ブランド?
中:中ブランド作りたい。
ゆ:おーすごい!そこでは何を作るの?
中:Tシャツとか、洋服系・・・ファッションのほうに行きたいな~とか、最近ちょっと思う。
ゆ:なるほど!ありがとうございました!

 

07_20131021154449ba5.jpg

 

目標に向かって着実に歩みを進めている素敵な中ちゃん。ありがとうございました!

 

インタビュー楽しかったのでまたやります。お楽しみに!

 

 

それでは今回はこのへんで~
ゆきりんでした!

 

 

関連記事

<314315316317318>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。