キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年11月5日  授業風景

学生ブログより:「スケジュールは大切に!~野村先生ゼミ~」

すっかり寒くなりましたね。

風がすごく冷たいので、外に出るのが少しだけ億劫になります。

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

こんにちは~
最近台風のおかげで雨が続き大好きな自転車に乗れないのが悲しい
2回生、山田なっちゃんです。

 

 

さて2013年も残すところ10週ほどでしょうか、
年々時がたつのがとっても早いように感じます。
我らが野村ゼミは後期のアニメーション制作真っ只中で
残された時間の中みんなでヒーヒー言いながらやっています。
なぜなら今回のCM作り・・・・

背景も、原画も、動画も、着彩も、編集も、音効も、その他もろもろも

 

「すべて自分1人でやらなければなりません!!うわぁすごーい!!」

 

 

こんなことを1人で全てこなすのはスケジュール管理がとーーっても大変・・・・・

 

 

そ こ で !

野村先生が(通称:のむのむ、またはノムリッシュ)↓
01_20131028233950a2a.jpg

 

こんなものを作ってくれました。
02_20131028233952902.jpg

 

(これは私のスケジュールですが、すでにめっちゃ予定はおしています(白目))

 

 

私の制作状況ですが
ほぼ1つの場面で物語が進むため、レイアウトに大苦戦。
なかなか納得いく配置が決まらずフォトショップなども駆使して何度も描きなおしました。
03_20131028233953a8b.jpg

 

 

今回の授業でようやく配置が決まり、
残りの作業を進められそうです。ヒェ~よかった

 

 

 

ところで、後期からはゼミのみんなとは完全に違う作業をしています。

個々にがんばっています、そこで!
今回はみんなの進行状況をちょこっと紹介しましょう~!

 

 

04_20131028233955589.jpg

 

ではまずうっちーこと内田さん。

 

 

05_2013102823395599d.jpg

 

うっちーはCGで動作のシュミレーションしています。CG便利ですね~

 

多少使えるといろんなことに利用できてとっても助かります。

 

 

 

06_201310282343075d1.jpg

 

 

こちら華子さん。(関西弁イントネーション)

華子さんはとにかく独特の世界観(ハナコワールド:野村先生命名)で、
キャラクターデザインがみんなから大好評なのです。
それがこちら

 
07_20131028234308a0b.jpg

 

この顔である・・・・。

 

 

 

続いて最近笑顔を失った川島さん。
08_20131028234310a1f.jpg

 

絵コンテを取り込み、編集ソフトを使って簡易的に動画を作ります。
それを見て実際のタイミングの調節などをしています。

 
09.jpg

 

 

 

どんどんいきます!

まっちゃんこと松井さん!(後ろの人笑ってますね)
10_20131028234313f01.jpg

 

 

まっちゃんは絵コンテの修正をしているようです。

 
11_20131028234448b05.jpg

 

 

 

最後!茜ちゃんです!
12.jpg

 

 

茜ちゃんは私と同じくレイアウトをおこしています。
13.jpg

 

 

 

本当にみんなバラバラのことをしていますね~!

 

でも授業の際にはみんなで協力し合うこともたくさんあり、
作業自体は個別ですが、いつでもワイワイしている楽しいゼミです!!

 

 

なかなかハードスケジュールですが全員で完成できるようにがんばっていきたいです!

 

というかがんばります!!!!

 

 

 

それでは!また今度!
なっちゃんでした~!!

関連記事

<311312313314315>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。