キャラクターデザインコース

京おどりキャラクター発表|未来から来たヤジ・キタ?!しかも夫婦?!

こんにちは!
キャラクターデザインコースです。
 
先日は、とっても素敵なクリスマスになりました🎄✨
 
12月25日(月) に行われた「第74回 京おどりin春秋座」の制作発表会で、キャラクターデザイン学科2年生の白神琴美さんがデザインした「未来から来たヤジさん・キタさん」が初披露されたのです…!
 

●白神さんも自分のデザインしたヤジ・キタのパネルを持って登場。
集まった報道記者さんたちの質問にもしっかりと答えていました

 

 
京おどりって?

京おどりとは、京都五花街の一つ・宮川町で芸妓さん、舞妓さんが総出演する春の風物詩。昭和25年から続く京都の名所・名物をモチーフにした踊りです。
 
前半、後半を通して毎年書き下ろしの新作を芸妓、舞妓の舞で紡ぎ、フィナーレの最終章「宮川音頭」では芸妓、舞妓が総出演し、一糸乱れぬ動きで華やかに郡舞する姿は圧巻です。
 
今年から京都芸術大学にある劇場「春秋座」にて行われており、来年は 4月6日(土)~4月21日(日) に開催されます!

 

タイムスリップ・ヤジキタ!?👀

4月に披露される舞台のタイトルは「時旅京膝栗毛(ときのたびみやこひざくりげ)」。弥次さん、喜多さんでおなじみの「東海道中膝栗毛」をモチーフに、大胆に創作。
 
未来からタイムマシンで伊勢参りにやってきたヤジ・キタ夫妻、京都についたとたんにマシンの具合が悪くなり、平安時代や応仁の乱、元禄時代などにタイムスリップ、時空を超えた冒険旅をするというストーリー。
 
果たして、この奇想天外なお話がどんな舞になるのでしょうか。今から楽しみです。
 

●左:ヤジさん 右:キタさん

花街に選ばれたキャラクターデザイン!

京都芸術大学では、宮川町と連携し、学生とのコラボレーションなどさまざまな取り組みを通してこの京おどりプロジェクトを盛り上げています。
 
今回の映像用キャラクターデザインもその一つ。キャラクターデザイン学科のキャラクターイラストゼミ(指導:藤本和宏先生、赤津豊先生)では「未来から来たヤジ・キタ夫妻」のデザインコンペを行いました。
 
学生たちが描いたイメージをイラストに落とし込んで、作品に仕上げます。集まったその数はなんと50!厳正な審査を経て、最終的には主催者の宮川町様に一つだけ選んでいただきました。
 
それが白神さんの作品です。「可愛らしい若いカップルの印象で多くの人に馴染みやすい」との好評価をいただき、今回の起用となったというわけです。
 

主催者・宮川町歌舞会の大石美千代会長をはじめ、芸妓さん、関係者の皆さんからも「かわいい」と大絶賛!白神さんも「私の描いたキャラクターデザインが選ばれてとても嬉しいです。京おどりがより良い作品になるよう少しでも貢献できればと思います。」との意気込みです。
 
このヤジさん、キタさんは、舞台の冒頭と幕間に上映される映像に2次元キャラクターとして登場し、新しい時代の京おどりを彩ります。
 
果たしてどんな仕上がりになっているのでしょうか。
ぜひ、舞台でご覧ください!
 

 
第74回 京おどり in 春秋座

宮川町 × ​瓜生山学園 京都芸術大学

チケット発売:2024年2月6日(火)

開催:​2024年4月6日(土)〜4月21日(日)

主催:学校法人東山女子学園

​   宮川町歌舞会

協力:学校法人瓜生山学園 京都芸術大学

開催場所:京都芸術劇場 春秋座

https://www.kyoodori-shunjuza.com/

 


 

【関連記事】

2023 京おどり

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=161256

<2021222324>