キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年1月10日  授業風景

卒制最終合評!

2014年第1回目の更新ということで

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

 

こんにちは!副手の齊藤です。

今回は昨年12/24に行われた卒制最終合評の様子をご紹介します。

 

 

4年間の集大成となる作品の発表の場となるので、4回生たちも緊張しているようでしたが

プレゼンは滞りなく進んで行きました。

IMG_6287

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑合評開始時の様子

 

 

↓各自のプレゼンの様子

yagihashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hara

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tomitaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hirako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストから映像、立体、漫画、ゲーム企画など作品の幅はとても広いです!

(形式にとらわれず、自由な作品づくりをしているなあ…と先生方に言わしめるほど、今年は特にいろんなジャンルの作品があります)

 

合評時には1人1人先生方から鋭い質問や的確なアドバイスなどを受け、作品をよりよくすべく、

これから展示までの間にブラッシュアップしていくことになります。

 

 

 

4回生の皆さん、合評お疲れ様でした!

 

卒業まであと2カ月、早いものでもう色々なことが大詰めです。

卒展では自分の力を出し切った作品を展示できるよう、頑張ってほしいなあと思っています。

 

関連記事

<264265266267268>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。