歴史遺産学科

日常風景

  • LINEで送る

2014年4月7日  日常風景

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

こんにちは、歴史遺産学科副手です。

 

ついこの間卒業生が巣立ったかと思えば、今度は新入生を迎えました!

4月3日(木)に、入学式が行われました。

歴史遺産学科は32名の新入生を迎えています。

 

●入学式学科オリエンテーション

入学式①

まずは先生方の自己紹介。

新入生うしろむき

ドキドキしながら一人ずつ自己紹介。

はやく学校に慣れるとよいですね。

 

●学科ガイダンス・学内キャンパスツアー

4月5日には、そんな新入生の皆さんと学内の関係施設を巡る学内キャンパスツアーに行ってまいりました。

大林先生案内

各建物の説明を受けつつ…

階段①

昇ります

階段②

さらに昇ります

さくら

昇った先の松林館屋上には、丁度見ごろを迎えた桜の木が待っていました。

屋上

見晴らしも良いのです。

お茶室

こちらは千秋堂(お茶室)です。

正座できりっとお話を聞きます。

歴史遺産学科では各学年ごとに千秋堂をお掃除する日を設けています。

またその時期が来ましたら、様子をお伝えいたします。

直心

続いて直心館1階の実習室・実験室です。

岡田先生J14

普段、先輩方や先生がどのようなことを行っているかを説明していただきました。

新入生の中でも、早速この実験室に立ち寄り、先生と顕微鏡を覗くなどしていた学生もいました。

どんどん積極的に、興味関心のあることを学んでいってほしいと思います。

 

たくさん歩きましたが、皆さん元気に帰って行きました。

まだまだわからないこともあるかと思いますが、徐々に慣れていきましょう!

 

 

 

関連記事

<173174175176177>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。