こども芸術学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年2月24日  日常風景

卒業生の皆さん、おかえりなさい。|こども×アートな日常


卒業生の前泉さんが、子どもたちと一緒に来てくれました。



昨日、今日と北白川 瓜生山は底冷えですが、そんななか、今日は、卒業生の前泉さんが、子どもたちと一緒に来てくれました。
前泉さんは、 雑創の森 プレイスクールでプレイリーダーとして活躍しています。

おかえり卒業生のみなさん1

前泉さんと小林織香さんの作品で遊ぶ子どもたち。


おかえり卒業生のみなさん3

原衛典子さんの作品もおもしろい!


おかえり卒業生のみなさん1

井上成美さんの作品の前では、サイン会が。




この日のために、子どもたちは、自分たちでインターネットを調べて、どんな作品があるのか、
どんなものが見たいのか、考えてやってきたそうです。
子どもたちの目や心には、お姉さん、お兄さんたちの作品はどう映ったでしょうか。
子どもたちと一緒に帰ってきてくれた卒業生に感謝です。

前泉さんのほか、昨日来、たくさんの卒業生のみなさんが来てくれています。
保育所や児童館、一般企業・・・、みんないろんなところで社会人1年生、2年生として頑張っています。


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

関連記事

<392393394395396>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。