文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年6月12日  授業風景

白浜と南方熊楠記念館 <研修旅行2日目>

 
研修旅行2日目は、少し早起きをして、
宿の近くの千畳敷へ。
 
学生たちは、徹夜の疲れも見せず、
すでに海を満喫していました。
若さが眩しい(笑)。
 
140608_02
 
140608_01
 
140608_03
 
私も思い出に!
 
140608_ss
 
朝ごはんを食べ、宿を出発したあとは、
南方熊楠記念館へ。
南方熊楠は粘菌の研究でも有名ですし、
民俗学者や博物学者としても有名です。
説明すると、ものすごーく長くなるのと、
説明しきる自信もないので、興味のある人は調べてみてください。
 
140608_04
↑眩しそう(眠いわけではないと思います)な君野先生、河田先生、辻井先生。
 
140608_05
↑8mにもおよぶ、南方熊楠の自筆履歴書!
 
 
館長の案内のもと、丘のような土地を少し登り、
豊かな植生や、記念館に集められた、
数々の本や資料や標本などを見学させていただきました。
 
140608_06
 
白浜の、岬の先に建つ記念館の屋上から、
海や空を眺めて、
すっかり夏気分♪
 
このあとは、近くの市場でお昼ごはんを食べ、
京都へ。
楽しい2日間はあっという間に過ぎました。
 
 
そのほかの写真は、ギャラリーにもUPしています。
ぜひどうぞ!
 
GALLERY 白浜と南方熊楠記念館
 
 
(スタッフ・竹内)

関連記事

<242243244245246>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。