こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年11月2日  授業風景

クレヨンセットの箱をつくる(2)|2年次「造形表現Ⅳ」

 

さあ、世界に一つだけのオリジナル・クレヨン・セットの箱作りもいよいよ佳境に入ってきました。



コロジオン版画も経験を重ねてみんな上手に刷っています。
それぞれが紙を用意して刷ります。

line

版画でクレヨンの箱をつくる1

松尾さんはクレヨンを袋に入れる計画とか。
そのため、版画を布に刷っています!
たくさん刷っているのは、クレヨンのラベルをクラス全員で共有するため。限定部数30部です。

版画でクレヨンの箱をつくる2

辛川さんの作品、カラフルですね。
細い線もバッチリうまく出ています。
紙の色も少し抑えめでなかなか渋い!

版画でクレヨンの箱をつくる3

みんな、黙々と制作しています。

版画でクレヨンの箱をつくる4

角本さん、4版目を制版中、繊細な仕事ぶり。筆さばきがなかなか器用ですよ、やるネ!

版画でクレヨンの箱をつくる5

岡崎さん、クレヨンならぬ栗よん!(笑)
右下には箱らしきものも出来てきました!

版画でクレヨンの箱をつくる6

そして、落合さんの!クレヨンと並べてみたら!!
おお、なんというコンセプト.. よほどお腹が減っていたのか(>x<)
2年次生はみな食いしん坊だということが判明?

でもこの左側のコロジオン版画、落合さんは課題の意図を忠実に守り、
ちょっと感動的な色の出し方をしています。

さあ、ここでクエスチョン。
この版画、一体、何色のインクから出来ているでしょう?

答えはまた次回、この制作の終了後、合評会報告にて。(ホント?)


(森本玄/絵画)

関連記事

<402403404405406>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。