こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年11月1日  授業風景

プロジェクトHAPii+(はぴい)2012 |課外活動

 

なにやら大がかりでカラフルなものが床面に広げられています。



これは、HAPii+(はぴい)という京造の全学的なプロジェクトで使うカッティング・シート、とても大きなシールなのです。

シール好きにはたまりません..?というより大きすぎますか(笑)。

HAPii+(はぴい)

こ学の学生も、他学科の学生さんと共に、この4年目の試みにコアスタッフとして頑張っています!

さてこのシール、どこに貼るかというと…

京都府立医科大学付属病院のPICU(小児集中治療室)の壁面なのです。

重篤な子ども達が医療を受ける現場で、ご家族も医師、看護師も緊張感の漂う空間です。学生達が現場の医師や看護師さんにご意見を伺いながらデザインした絵です。ここに来るまでにたくさんの試行錯誤がありました..

完成したら、部屋全体が森に包まれているようなイメージになる予定です!

Macで作画し、業者さんに発注して、今日が大学への納品でした。イメージを確認しながら、施工日には、自分たちでこの大きなシールを壁に張り込むわけです。試しのカッティング・シートで練習にも熱が入っていました。

大変な思いで病院に入院している子ども達やご家族、医療で頑張っておられるスタッフの心に、学生達のデザインした森が届きますように。

で、HAPii+って何かをもっと知りたくなってしまったそこのあなた!?

https://www.facebook.com/hapii.kuad もみてネ。


(森本玄/絵画)

関連記事

<414415416417418>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。