こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年10月25日  授業風景

高垣忠一郎先生|2年次「特別講義」

 

私のこころの師である高垣忠一郎 先生がやってきて、学生たちに熱く語ってくれました。



「自己肯定感」=「自分が自分であって大丈夫と思える感覚」はみんなの心に響いたようでした。

高垣忠一郎 先生

「大人になるってどういうことやろか?」



いまの世の中は、ありのままの自分でいることが辛くなるほど競争原理に支配されています。
そんななかでは、ありのままの自分を自身が受け入れていくことがますます難しい。

「よしよし」「大丈夫だよ」「うまれてきてよかったね」「がんばったね」ありのままの子どもたちをまるごと受けとめられるような保育士になってほしい。

高垣忠一郎先生特別講義


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

関連記事

<379380381382383>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。