こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年10月20日  授業風景

土からクレヨンをつくる(3)|2年次「造形表現Ⅳ」

 

2年次生のクレヨン作りも佳境に入り、いよいよ手塩にかけた土からの顔料や、市販の顔料とメディウムを混ぜて、自分だけのクレヨンが完成しました!



土からクレヨンをつくる3

これは堤さんのクレヨン。ちょっと曲がっているのが手作りの味、暖かいですね。

土からクレヨンをつくる3_2

これは村上くんの。ちょっと光沢があって硬質。男子のクレヨン(笑)です。
ブルーグリーンが市販品にはなさそうで、かっこいい。

同じように作っても、固めるかたちや顔料の配分がちがうのでそれぞれ特徴があります。
これから、6色を基本セットにしてパッケージを作っていきます!

※前回の答え:蜜蝋


(森本玄/絵画)

関連記事

<415416417418419>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。