こども芸術学科

日常風景

  • LINEで送る

2012年10月17日  日常風景

【募集】錦林保育所から|こども×アートな日常


こども芸術学科の学生さんたちに、錦林保育所での子育て支援の呼びかけです。



保育実習でも受け入れでお世話になっている錦林保育所(丸太町天応町付近)から、先日、所長さんと担当者が研究室に見えて大学生の皆さんと連携ができないでしょうかという申し出を受けました。

活動内容は、保育所を利用していない子育て家庭への支援も行っており、園庭の解放や子育て相談、親子のワークショップや、近所の公園での保育サポートなど、いろいろな保育支援を行っています。児童館の学童や大学生たちと、一緒に遊び活動する連携を望んでいます。

以下のような活動

1)造形活動を通じて家ではできない遊びを体験するワークショップなど
2)授業での影絵やエプロンシアター、創作絵本の読み聞かせ、うた、などのパフォーマンスなど、
3)特別なことでなくともスタッフのサポートとして、などなど。

永田所長さん、はじめスタッフの方たちのあたたかい雰囲気は、習うより慣れろ!といったスタンスでオープンに気軽に受け入れてくれています。こどもから学ぼうという視点は、実習への不安をもつ学生にとっても大いに得るところがあると思います。
問い合わせ;こども芸術学科研究室 水野まで。もしくは、Aゼミ 3回生末次さんまで。


(水野哲雄/コミュニケーションアート・意匠工芸)

関連記事

<415416417418419>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。