プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年6月27日  授業風景

「PD演習IV D」 手作り市出店

3年生のあるゼミでの課題は「自分のオリジナル作品を手作り市に出店して売り上げをあげること」でした。

 

学校での検討の様子

プロダクトデザインは、単に商品のデザインだけでは無く、どうお客さんに伝えるか?という視点でのパッケージ、POPのデザイン、コピーライティングも必要です。
また、お店全体としての雰囲気、見せ方、説明の仕方など総合的に商品とお客さんとの関係性を考えるか?(専門用語ではエクスペリエンスデザイン=経験のデザイン、ともいいます)も重要です。ゼミでは、手作り市の出店を何回か経験することで、そのやり方を体験的に学んでいきます。

 

出店の様子
また、商品を売ると言うことはビジネスになります。その上ではお金の管理も重要になります。簡単な原価計算を行って価格設定を考える事で、製品に必要な原価と売る価格とのバランスも理解できます。

 

販売の様子

京都はあちこちで手作り市が開催されており、どこも人出がいっぱいです。
自分の作品をお店に並べることで、商品をデザインする、ということを学んでいきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

  \プロダクトデザイン学科がよくわかる!/
    1日体験入学オープンキャンパス

 

7月13日(日)申込は先着順なので急いでチェック!!
        予約はこちら

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

関連記事

<142143144145146>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。