文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年7月24日  授業風景

前期合評会、開催中

 
学期末恒例の合評会がはじまりました!
 
今年は、授業日程の関係もあって、
授業単位での合評会として開催しています。
 
140723_3
 
初日は、1年生の創作基礎(ショート・ショートとエッセイ)、2年生のルポルタージュと短篇小説の合評を同時に行ないました。
 
140723_4
 
1年生は1年生らしい、今しか書けない作品の魅力がありましたし、
2年生のルポルタージュは、2作品ともに描写が素晴らしく、
読者に伝えるための工夫が見られました。
また、短篇小説は、どちらも非常に力のある作品で、
驚きとぞわぞわする感動を覚えました。
 
合評は、今日と明日も開催します。
テキストは、人間館1Fの文芸表現学科掲示板前にて配布していますので、
お時間のある方はぜひのぞきに来てください!
今回の表紙は、情報デザイン学科3年の藤川明莉さんのイラストです。
 
140723_1
 
140723_2
 
 
文芸表現学科 前期合評会
7月23日(水)3・4講時 ショート・ショート/エッセイ/ルポルタージュ/短篇小説
7月24日(木)3・4講時 短歌/俳句/雑誌企画/短篇小説
7月25日(金)1・2講時 百讀/ショート・ショート/現代詩
7月25日(金)4・5講時 小説
 
 
 
(スタッフ・竹内)

関連記事

<243244245246247>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。