文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年8月28日  授業風景

よりよく書くために

sumamicon

 

こんにちは! 副手のスマミです!

みなさん、夏休みを楽しんでおられますか?

夏休み中、文芸表現学科ではいくつかの集中授業が行われています。

今日は、その中から「百讀Ⅴ」の授業を紹介したいと思います〜!

 

 

 

 

「百讀Ⅴ」の講師は書評家・近畿大学非常勤講師である江南亜美子先生です。

江南先生には先日あった「下読み委員に訊く!新人賞のねらいかた」で特別講義もして頂きました。

 

IMG_1097

 

 

「書く」ことが専門の文芸表現学科ですが、

よりよく「書く」ためには、よりよく「読む」ということが重要です。

 

この授業では、いくつかの小説作品を取り上げて読み、討論、批評コメントの随筆などを通して、

書くことと、読むことの技術を高めていきます。

 

 

 

 

昨日は「食べ物の描写」をテーマに授業が行われました。

 

IMG_1082a

 

 

 

江南先生が用意されてきた「メニュー」の中から食べ物を選び、その食べ物の味が伝わるような文章を書きます。

 

IMG_1034a

 

 

 

 

食べ物に関して考え、そして美味しい食べ物の描写が伝わる文章を読んだせいで、

みんな授業後に「お腹が空いた〜!」とばかり言っていました(笑)。

 

IMG_1023a

 

 

今日を含め、江南先生の授業はあと2日間!

今日もどんな授業が行われるのか楽しみです!

 

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<256257258259260>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。