こども芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2014年7月28日  学生紹介

3年次工藤さん、「京印季報」表紙画を描く!

7月26日(土)、27日(日)のオープンキャンパスに来ていただいた受験生、高校生の皆さん、有り難うございました。

 

IMG_8114

さて、今日はBzemi3年次、工藤日菜さんの紹介です。
「京印季報」という京都府印刷共同組合の季刊誌、平成26年7月盛夏号の表紙画を担当しました。これまでにもこども芸術学科の先輩学生が何人もお世話になっています。
そして、先週出来たばかりの雑誌が届きました。工藤さん、早速手にとって、いい顔してくれました!
IMG_8086
真っ青な夏空に白く大きな入道雲と、一筋のひこうき雲、
遠くの方まで一面のひまわり。細かく描き込まれています。
真夏の熱い日差しが感じられます。
そして..なぜか花畑から突如クジラが!?
 2014_summer_top
掲載された工藤さんのコメントです。
******************************************************************
summer swimmer
 私の幼かった頃の思い出は長い休みがあったせいか殆どが夏の思い出です。夏は季節の中で一番鮮やかで一番賑やかですが一方でとても儚くて切なくて夢か現実か分からない雰囲気を持っています。
 この絵で少しでもそうした夏のノスタルジックな気持ちを味わっていただけたらと思います。
 ******************************************************************
この絵の他にも、数カット、記事の中に挿入されています。
工藤さんの普段の作品は、9月20、21日の大瓜生山祭の一大イベント、『学生作品展」でも出品される予定です!
新作とこの表紙絵に共通するのは遠くの地平線と、それを埋め尽くす花。
まだちょっと先ですが工藤さんの作品を始め、3年次の前期課題作品のホンモノをぜひ見に来て下さい!
(森本玄:教員/絵画)

関連記事

<254255256257258>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。