マンガ学科

日常風景

  • LINEで送る

2011年5月4日  日常風景

今週観た映画そして赤塚不二夫先生のこと

「生き残るための3つの取引」

文句なしに面白い!検察とか警察とかの裏面を描くサスペンスだが、

さまざまな撮影技法を駆使して片時も飽きさせません。

 

日本の娯楽映画を撮る最近の監督たちにお手本にしてもらいたいくらい、リュ・スンワン監督の演出がすばらしい。

そして、主役からチョイ役まで男優たちの演技が全員お見事。見応え十分です。

結末も皮肉が利いていて何かと考えさせる幕切れ。

 

 

それに比べてしまうと「これでいいのだ!! 映画・赤塚不二夫」は稚拙な演出。

天才・赤塚不二夫とその周辺にある狂気を描くなら、

それ以外の普通の人々を普通に描かなければ効果がないのに、

学生運動とか小学館編集部とかの実際の世相をもカリカチュア化しているために天才的狂気が際だたないのです。

 

「おそ松くん」大ファンの小学生だったわたしにとって赤塚不二夫は「神様」のようなものなので、

こんな浅薄な描き方には大いに不満です。

晩年の赤塚先生と2度お会いすることができたのは、一生の思い出です。

入院中の順天堂大学付属病院の特別病室で生涯学習に関するムック本に載せる対談をしたときは、

ベッドの下に隠したウィスキーを飲みながらみごとな赤塚流コメントをいただきました。

 

後日、ご自宅に招いて一緒に飲んだときのことは、有難すぎて舞い上がるくらい。

いろんなコレクションを見せていただき、

居酒屋のような食卓で楽しいお話を聞かせていただきながら飲んだ酒の美味しかったことといったらありません。

 

もちろん、洒落ッ気は若い頃そのままでした。

 

関連記事

<519520521522523>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。