マンガ学科

日常風景

  • LINEで送る

2011年5月1日  日常風景

映画批評

寺脇先生、ようこそいらっしゃいませ。

 
早速の、映画評論ばっさり痛快です。
あ、もしかしたら世の中には
「評論家とはよいしょしかしないもの」と
考えている人が多いかもしれませんが。

 
まっとうな評論家はちゃんと
面白ければ「面白い」
つまらなければ「つまらない」と
はっきり言うものですよ。

 
その方が正直で良心的というものです。

 
ああ、しかし。
ここに挙げられた作品を私はほとんど観ていない!

 
すみません。
近頃映画館に行っていません。
TSUTAYAには通いつめているのですが。

 
最近はパニック映画とかSFホラーとか
B級の怪獣なんかにはまっています。
昔の手作りの特撮映画なんか大好きです。

 
皆さん、自分の好き嫌いは正直にいいましょう。
それでいいのだ!

関連記事

<508509510511512>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。