歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月23日  授業風景

【文化財保存修復コース】発表ラッシュです!

こんにちは!歴史遺産学科副手です!!

10月も後半にさしかかり、外は少しずつ寒くなってきましたね。

 

歴史遺産学科 文化財保存修復コースでは、3回生の進級論文中間発表会、4回生の卒業論文執筆に向けた合同ゼミが行われました。

まずは3回生のようす。

違うゼミに所属している同級生の発表を聞きます(3回生進級論文中間発表)

違うゼミに所属している同級生の発表を聞きます(3回生進級論文中間発表)

P1200352

P1200370

 

 

 

 

 

 

 

P1200375

質問やアドバイスをいただきます

皆さんの発表を聞くのは今回で2回目でしたが、1回目のときよりも堂々と発表していました。

1月には進級論文の提出・発表があります。

いただいたアドバイスをもとに、研究内容をより深めていきましょうね!

 

さて、お次は4回生の後期合同ゼミ。

P1230911

3・4回生で教室はいっぱいに

P1230896 P1230890 P1230879

4回生はさすが、質問に対する受け答えがハキハキ。

3回生も進行のお手伝いをしてくれ、スムーズに進みました。

 

進行の度合いは人それぞれですが、実験室でこつこつ実験を行う学生もいれば現地調査に遠出する学生もいて、12月の提出に向け皆一生懸命がんばっています。

体調にだけは気をつけて、成果を出し切ってほしいと思います!!

 

関連記事

<164165166167168>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。