歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2013年4月9日  イベント

研究領域教員 展覧会

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

本学ギャルリオーブにて、4月1日より「瓜生山 春の顔見世」が開催されています。

今回は、歴史遺産学科の教員の準備風景と、展示の様子をご紹介します。

 

○準備風景

haru-4

 

haru-2

haru-1

haru-3

 先生方はもちろん、沢山の学生が展示準備を手伝ってくれました。

 

 

○展示風景

 haru-tenji-3

剣鉾についてや

 

 

haru-tenji-2

時代装束

 

 haru-tenji-1

被災文化財ERプロジェクトの作業についてなど、

その他にも様々な内容で展示しています。 

沢山の方に見ていただければと思います。

皆さま、是非ギャラリーオーブへお越しください。

関連記事

<243244245246247>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。