歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年4月16日  ニュース

2013年度新入生

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

今年の桜は咲くのが早かったですね。

既に4月1週目の週末に吹き荒れた雨風に、多くの花が散ってしまいましたが、

8日(月)の二条城のライトアップはまだまだ綺麗に見ることが出来ました。

八重桜など遅咲きの桜は、つぼみの沢山ついている枝もあったので、まだまだ楽しめそうです。

 

さて、本学では4月3日に入学式があり、2013年度の新入生を迎えました。

歴史遺産学科では、1回生が41名、編入生が4名、計45名の新入生を迎えました。

今回は、そんな新入生たちに学内案内している様子をご報告します。

 

 

○学内ウォーキングツアー○

 

学内ウォーキングツアーでは、学内を各学科毎で、主に使用する施設案内をします。

歴史遺産学科の授業では主に直心館を使用します。

そのため、まずは直心館から案内がスタート。

20130405-1

まずは直心館2Fです。

我々副手が常駐している資料室を案内。

みんな、いつでも気軽に来て下さいね。

 

20130405-2

次に、直心館の1Fへ移動です。

 

20130405-320130405-4

直心館の1Fには実験室が並んでいます。

実験道具などが保管されているため、授業の無い時には施錠しています。

 

20130405-5

直心館から千秋堂(お茶室)へ移動し、全員正座で説明を聞きました。

 

20130405-6

直心館を出たら、松林館の屋上へ。

見晴らしが良く、とても景色がいいのだけど、天気がよすぎてみんな眩しそうでした。

 

20130405-7

ここで、入学記念に集合写真を撮りました。

 

さて、松林館から至誠館を通り、人間館へ。

学科事務室と研究室、歴史遺産研究センター、教学事務室、コンピュータ教室…など

色々と巡って約1時間半の行程でした。

 

新入生のみなさんが、早く学内に詳しくなるための手助けになれたのではないしょうか。

関連記事

<241242243244245>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。