歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年4月9日  授業風景

歴史遺産学科の特色-3

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 さて、歴史遺産学科の特色紹介その3です。

 

 

歴史遺産学科の特色・・・歴史と科学で文化財を守る

 

東洋書画や古写真、古文書をはじめ、民具や工芸品、建築塗装、庭園など、多彩な文化財の保存修復に取り組んでいます。

修復にあたっては、分析機器等を用いた文化財科学研究を導入しつつ、歴史文化的研究によって対象となる文化財の来歴や価値評価についても探究しています。

 

○文化財保存修復の基礎を学ぶ

tokushoku3-mingu

 実習形式で実践能力を高めます。

 

 ○古文書の読解能力を高める

monjo

文法やくずし字の用例、古文書の様式といった基本的な特徴を学びます。

つづいて実践形式で読解を繰り返し、読解能力を高めます。

 

 

関連記事

<240241242243244>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。