文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月14日  授業風景

歌舞伎鑑賞教室に行ってきました!

 

先日、林家竹丸先生の授業(文芸論Ⅳ)で

京都・南座の「歌舞伎鑑賞教室」に行ってきました。

 

1_DSC0025

 

歌舞伎発祥の地・京都にあり、沢山の名舞台が上演されてきた南座で

歌舞伎のイロハを落語家・桂九雀さんが解説してくださるということもあり

今年も昨年同様、多くの人が来ていました。

 

_DSC0042 のコピー

 

学生もほとんどが南座に初めて来たとのことで、わくわくしながら上演を待ちます。

 

_DSC0056 のコピー _DSC0075 のコピー

 

恒例の桂九雀さんの解説の後に、今回は『色彩間苅豆』(いろもようちょっとかりまめ)が上演されました。

この作品は『東海道四谷怪談』の作者で有名な4代目 鶴屋南北の作品で、文政6年(1823年)に初演された

『法懸松成田利剣』(けさかけまつなりたのりけん)の舞踊劇の部分が独立したものだそうです。

 

あらすじは、心中を決めた「与右衛門」と「かさね」という男女が主人公です。

しかし心中間際、過去の与右衛門の悪事がばれてしまいます。

それをきっかけに怨霊と化したかさねと与右衛門を描く、恐ろしくも美しく、迫力ある舞台です。

 

今回の作品は、舞台につながる「花道」での与右衛門の動きがとても見所でした。

 

_DSC0057 のコピー

この揚幕(あげまく)より与右衛門が登場します。花道での与右衛門の演技に観客も大注目でした。

 

_DSC0072 のコピー

 

 

上演後は南座のすぐ近くにある歌舞伎の元祖と言われる、

出雲の阿国の銅像を全員で見に行きました。

 

 

 

 

 

1_DSC0111

 

竹丸先生が阿国のことや、南座のことなど色々と説明してくださいました。

 

1_DSC0102

 

 

最後は銅像の前で記念撮影!

たっぷり伝統芸能に触れた、有意義な一日でした。

 

_DSC0123 のコピー

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<165166167168169>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。