文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月22日  授業風景

小説共作ワークショップ!

 

今日は「創作基礎ⅠA」辻井先生の授業をレポートします!

 

この授業は1年生の必修授業で、掌編小説からショートショート、

短編小説、長編小説など小説のありようについて学びます。

様々な小説に触れ、そこから学んだことを自分の創作活動に活かしていく

ということを目的とした授業です。

 

先日の授業では「小説共作」というものを行いました。

 

IMG_7002

 

グループを組み、用意された音楽や写真から小説のストーリーの素材を選び、

グループのみんなでストーリーの土台を考えていきます。

 

 

IMG_7015

IMG_7022

グループで円になり、素材から生まれてくるアイディアを

模造紙いっぱいに、どんどん書き込んでいきます。

 

よく学生からも「小説のストーリーが思いつかず、いき詰まる時があります…」と聞きます。

しかし、一人では思いつかない面白いアイディアが、みんなで考えることで沢山でてきて

ストーリーが出来上がっていくのです。

 

どのグループもこんなに模造紙いっぱいにアイディアを書いていました!

 

IMG_7075

 

IMG_7096

 

 

また今回はストーリーだけではなく、このストーリーの作者のペンネームや年齢、性別など架空の設定も決めました。

「柊結月」や「日向夏みかん」や「歯茎先生」など…。

ペンネームにもグループの個性が出ていますね(笑)。

 

IMG_7133

 

 

作者の設定も決まったところで

いよいよグループごとに考えたストーリーを発表します。

 

IMG_7031

 

どのグループも時間が限られていたのにも関わらず、展開やオチまでしっかり考えていました。

 

IMG_7030

 

IMG_7068

IMG_7092

 

そして、ストーリーを考えて終わりではなく、

発表を聞いて一番「書きたい!」と思ったストーリーを

実際、小説として書くことが今回の一番の課題です。

(しかも決めた作者の設定になりきり書きます!)

 

 

どのストーリーを書くか、それぞれ決めて今回の授業は終わりました。

IMG_7124

 

みんなで考えたストーリーを、一人一人の言葉で「小説」として書くと

どんな表現で出来上がるのでしょうか…?

 

どの様な小説ができるのか、今からとても楽しみです。

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<191192193194195>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。