美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2015年5月22日  イベント

【日本画】BUKATSU

こんにちは、日本画コースです。 

 

お待たせしました!

日本画ブログ、今年度初更新です!

 

実は、年度が変わるに合わせ、副手が新任になりました。

どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ初更新という事でちょっと緊張気味ですが、今後も頑張って更新していきたいと思いますので、気長に待っていてくださいね。

 

 

 

さて、先日5月10日に、BUKATSU・日本画編が開催されました。

テーマは『デッサンからの解放!?』です。

 

タイトルからして何ぞや!と思う方もいらっしゃることでしょう・・・


 

要は、デッサンに囚われず、表現の自由を楽しんでみようということです。

『日本画』というと、まずデッサン!という風に思われがちですが、

実はデッサンだけが表現の方法ではないんです。

手で描いたり、墨で描いたり、表現方法は無限なのです!

 

今回は、若冲などの絵をお手本に、黒の紙に胡粉だけで表現をする、黒白絵を体験してもらいました。

 

●まずは山田先生・奥村先生のレクチャーを受けます。

_MG_0586

 

●奥村先生がお手本を見せてくれました!

_MG_0600

 

●胡粉の発色の綺麗さに、皆心奪われていました。

_MG_0597

 

レクチャーが終わったところで、いよいよ本番です!

参加してくれた皆さんが、黒白表現に挑戦です!

 

 

●選んだお手本を本に、いざ・・・!

_MG_0615

 

●手で表現している人もいました!

_MG_0610

 

●筆のおき方で表現に差を出している人も・・・すごい!

_MG_0613

 

●胡粉の発色の良さが活かされてますね

_MG_0614

 

 

1時間描いたところで、最後にプチ講評会をしました。

皆素晴らしい作品が仕上がって、講評も大盛り上がりでした!

 

●1時間でこんなに完成度の高い作品が!

_MG_0625

 

●花文字ですね!センスがかわいい!

_MG_0624

 

●先生方も大興奮です

_MG_0627

 

出来上がった作品は、記念にお持ち帰りしてもらいました。

是非おうちに飾って頂きたいですね!

 

今回のBUKATSU・日本画編も密度の濃い、楽しい時間でした。

参加してくれた皆さん、お疲れ様でした!

 

次回のBUKATSUは6月21日、油画編です。

6月に入りましたら、HPに詳細も告知される予定です。どうぞお楽しみに!

 

以上、日本画コースでした。

 

関連記事

<267268269270271>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。