文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年6月4日  授業風景

チャンプ本はどれだ!?

 

 

今日の「表現基礎Ⅲ」の授業では

新元先生による「ビブリオバトル」が行われました。

 

IMG_7645 のコピー

 

みなさんは「ビブリオバトル」というものを、ご存知でしょうか?

 

ルールは簡単!

 

1. それぞれ「面白い!」と思ったお気に入りの本を持って集まる

2. 順番に1人5分で本の紹介をする

3. それぞれの発表の後に、その発表についてのディスカッションを2〜3分で行う

4. 全ての発表終了後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準に

参加者全員1票で投票を行い、一番票が多かった本を『チャンプ本』とする

 

という内容です。

 

相手に選んだ本のあらすじや、面白さのポイント、

自分がなぜこの本がお気に入りなのか…。

 

相手にも「読みたい!」と

思わせる本の紹介ができるかということが大きなポイントです。

 

今回は、まずグループに分かれてビブリオバトルを行いました。

 

IMG_7658

 

5分間で人の心をつかむということは、なかなか簡単ではありませんが

ビブリオバトル前に新元先生が教えてくださったスピーチのポイントを活かし

みんな本の紹介に挑んでいました。

 

IMG_7682 のコピー

 

しかし、やはり文芸表現学科の学生ということだけあって

自分の好きな本を話すときの表情はみんなとても楽しそうです(笑)。

 

IMG_7687 のコピーIMG_7651 のコピー

IMG_7681 のコピーIMG_7680 のコピー

 

本の紹介後はその発表について「もっとこうした方が良い」

「ここを掘り下げた方がおもしろい」など反省点を言い合いました。

 

全員の発表とディスカッションが終わったところで

いよいよ各グループ毎に一番読みたいと思った本を決め、ファイナリストを決めます。

 

今回は立っている5名がファイナリストに選出されました!

 

IMG_7690 のコピー

 

次回の授業ではファイナリスト同士によるビブリオバトルを行い、

遂に『チャンプ本』の決定です。

 

果たしてどうなるのか…! 来週がとても楽しみです。

 

 

 

 

Print

 

 

6月14日(日)、7月12日(日)のオープンキャンパスでは

各学科の授業を体験することができます。

文芸表現学科では普段どの様な授業をしているのか

体験してみませんか?

 

6月14日(日)…ストーリーをつくろう

7月12日(日)…「面白エッセイ」を書いてみよう

 

みなさまのご参加、お待ちしております〜!

オープンキャンパスの詳細はこちらから、どうぞ。

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<191192193194195>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。