美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2015年6月16日  イベント

【日本画】一日体験授業

こんにちは!日本画コースです。

 

先日、6月14日(日)に、以前より本ブログでも告知していました体験授業型オープンキャンパスが開催されました。

当日は予定よりもたくさんの方々に来て頂くことができました~

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

おかげさまでとても充実した体験授業になりました。

 

この楽しい雰囲気を全国の皆さんへ発信したい・・・!(先生方談)

私もそんな思いで今日ブログを更新しています。

※楽しさのあまり長文になってしまいました・・・お許しください~!

 

 

 

日本画コースでは、モノタイプという版画表現の授業を行いました。

勿論、日本画コースでは日本画制作がメインですが、他にも色々な表現方法を学ぶことが出来ます。

漫画、アニメーション、墨表現、テンペラ、などなど・・・

そんな中から決めたのが、モノタイプです。

 

デッサンからの解放、という標題(日本画コースの中で、今、このフレーズがアツいのです)。

覚えてる方もいらっしゃるかもしれませんが、以前お伝えしたBUKATSUもこの標題でした。

デッサンだけが全てではない、デッサンに縛られずに、色々な表現方法に挑戦してみよう!

そんな想いが込められた標題です。

 

 

 

●モチーフとして、菅原先生のおうちの軍鶏が来てくれました!モフモフ・・・!かわいい・・・!

_MG_4322

●教室はこんな感じ

_MG_4229

_MG_4313

●まずは簡単に写生をしてから・・・でもこれがメインではありませんよ~!

_MG_4314

 

 

ここで版画のスペシャリスト・長谷川先生の登場です!モノタイプについての説明をして下さいました。

黒のインク一色を使って表現をします。

基本は、マットフィルムという透明なフィルムに絵を描いていきます。

その際にポピーオイルをインクの薄め液(濃淡を出す為)として使い、ウェス(ボロ布)で拭いたり、筆を使ったり、

竹串やめん棒でひっかいたり撫でたりすることによって、予想だにしない、色々な表情が出るんだそうですよ!

 

そして最後に、プレス機(ローラーと板の間に原画・その上に紙を載せ、圧力をかけることによって版を刷る)にかけると、完成です!

 

 

●説明をして下さる長谷川先生

_MG_4326

●竹串を使って・・・

_MG_4327

●プレス機にかけると・・・

_MG_4239

●作品の完成!元のフィルムとは全く違った表情が・・・これは予想がつかないです!

_MG_4331

 

さあ今度は来場者の皆さんの番です!

どんな作品ができるかな・・・

 

●初挑戦!

_MG_4249 _MG_4336

●いざ初刷り

_MG_4250

●できました!かわいい!

_MG_4252

●皆どんどん作品が出来ていきます!

_MG_4258 _MG_4351 _MG_4361

 

皆一枚、また一枚と作品が完成し、楽しくなって参りました!

ノリにノってきました!先生方はもっとノリにノってきました!

 

●進んで紙をセットする吉川先生

_MG_4273

●あまりの楽しさに、この日から版画家になると決めた(?)菅原先生

『これ君の作品!どう?どう?すごくない?』

_MG_4346

●『皆どんどん刷っていきましょうね~!』青木先生

_MG_4267

●教室にいる全員、皆大盛り上がりです!

_MG_4340 _MG_4292 _MG_4289

_MG_4365 _MG_4367

 

最終的にA4サイズのものを3枚、大き目のサイズを1枚、一人計4枚も出来上がりました!

実は最初は一人1枚の予定だったのですが・・・これは予想以上の皆さんのやる気の成果です!スバラシイ!

初めて挑戦する、新しい表現方法を体験する喜び、驚き、発見・・・

まさに『デッサンからの解放』を味わったのではないでしょうか。

参加してくれた方一人ひとりが、本当に楽しんでいました。

その雰囲気が、先生方をも飲み込み、教室全体が熱気に包まれていました。

軍鶏たちもモデルをした甲斐があるというものです!

 

最後に、皆の作品を机に並べてプチ展覧会をしました。

先生方は口を揃えて、『これは帰ったら額に入れて、是非飾ってください』、こうおっしゃっていました。

それだけ完成度が高い作品が揃っていました。

 

●プチ展覧会及びプチ講評会

_MG_4301 _MG_4309 _MG_4369

 

以上、一日体験授業をご紹介しました!

ここまで読んで下さった方、ありがとうございます(笑)

けれど、これを読んで、一人でも多くの方に楽しさが伝わったらいいな・・・そう思って一筆入魂しました。

 

もし関心を持って下さった方、いらっしゃいましたら、次回、

 

もう一度体験授業があります!

 

7月12日(日)、今度は墨と金泥です!

 

●専用サイト
http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-14_07-12/
●申込みフォーム
https://w2.axol.jp/entry16/kyoto-art/step1?f=54

 

 

皆さんのご参加、お待ちしてます!

 

日本画コースでした!

 

 

 

 

 

 

関連記事

<266267268269270>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。