こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年4月13日  授業風景

こども芸術学科 Bzemi始動!|3・4年次「Bzemi」

 

こども芸術学科(以下こ学)のある地心館は、瓜生山キャンパス最南端です。

学食のある至誠館屋上から松林館を抜け、新緑の美しい小径を抜けると、やっとたどり着きます。



最初に見える教室がBzemi実習室。

こ学では、3年次から、制作はABC3つのゼミに分かれます。

どのゼミも、3・4年次生が一つのゼミ室で制作しています。

 

先日は授業初日でもあり、各ゼミ、茶話会でスタート。

今日はBzemiの紹介です。

担当教員は発達心理学が専門のやさしいコワモテ(笑)岸本先生、

そして、絵画が専門の、わたくし森本です。

 

先輩達がお菓子を買いに走り、テーブルをセッティングしてくれました!


IMG_4703


ちゃんとテーブルクロスが敷かれ、キットカットが三角形にディスプレイされています。

お花も生けてある!

一つ一つに感動して聞いたら、花は伊藤さんが摘んできて、ディスプレイは全て近藤さんがやったとのこと。

伊藤さん、近藤さん、やるね!

紙コップには、名前と、先生のカップにはイラストまで!

 

岸本先生の紙コップにはなぜかオットセイが、僕のものにはど根性ガエルが描かれていました。

なぜかを知りたい人は、Bzemi4年次の学生さんまで(笑)


IMG_4704


という訳で、全員で自己紹介。

3年生はちょっと緊張していましたが、4年生からは、3年次に制作したこと、ゼミで一番印象に残っていることなどを話してくれ、一気にほのぼのムードに。

 

3年生も、1/2年次で印象に残った授業と、今年の抱負を語ってもらいました。こちらも、へえ、そうなんだ、と学生達が印象に残った課題を知ることが出来たのが収穫でした。

 

こんな風に、先輩、後輩関係なく、お互いに気さくに話し合う関係になってくれると、これからいい作品が生まれそうな予感がした、そんな授業初日でした。

 

Bzemiの皆さん、今年度も元気にいきましょう!

 

(森本玄/絵画)

関連記事

<365366367368369>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。