アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年8月21日  授業風景

【2回生】東京研修へいってきました!

8/18.19の1泊2日で、『東京研修』へ行ってきました。この研修は、毎年2回生を対象に夏休みに実施しています。中には「東京に行くのが初めて!」という学生も毎年結構いるので、こちらの予想を超えてとても充実した研修となります。

 

 

東京研修2015

 

【1日目】

 

〇東京都美術館でワークショップを体験。

DSC02164

DSC02190

IMG_7377

ご案内くださった学芸員の方が、福先生のACOP研修を受けた経験者であったため、学生たちは大いに刺激を受けていました。

 

 

〇東京藝術大学美術館の「うらめしや~」展。

img-820152904-0001

この展覧会は、ASP学科の田中圭子先生がキュレーションしたものです。キュレーターの解説付きで、とても贅沢な時間となりました。

 

夜は、東京で明和電機のマネージャーとして活躍している2014年度卒業生大西未紗さんを囲んでの食事会でした。

 

大西さんは、在学中にARTZONEでの「ULTRA AWARD」 展の展覧会企画をきっかけに明和電機への就職が決定しました。ARTZONEでの経験で、裏方で支える仕事の楽しさとやりがいを知ったといいます。また、ARTZONEで企画やイベント運営を経験していたことが、今の仕事でも役立っているとのこと。

 

ASP学科での学びが卒業後に活かされているとは、うれしい限りです。

 

onishi

↑卒業生の大西さん

 

 

 

【2日目】

 

○森美術館で開催中の『ディン・Q・レ展:明日への記憶』を鑑賞しました。

flyer_fin

IMG_7432

はじめに担当キュレイターの荒木さんに20分ほど本展についてレクチャーしていただきました。

展覧会が開催されるまでの経緯などについてお話しいただき、めったにできない経験に皆真剣に耳を傾けていました。

 

ベトナム戦争をテーマにしていたりと、1日目に訪れた展覧会とはガラッと雰囲気が変わりましたが、とても興味深げに鑑賞していました。

 

 

研修自体は2日目の午前中に終了しましたが、午後からそれぞれ個別で色々な美術館へ行っていたようです。

2回生には、この研修中で得た知識や経験を、今後の展覧会企画や研究に役立てもらえればと思います。

 

 

最後になりましたが、この度、お世話になりました関係者の皆様には心よりお礼申し上げます。

 

 

asp

 

関連記事

<184185186187188>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。