アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年12月17日  ニュース

【イベント情報】『UDCKまちづくりスクール』中脇健児先生

nakawakikenji

ASP学科講師の中脇健児先生が登壇される講座が1月より東京で開催されます。

アートプロジェクトの企画やマネジメントについて学ぶ全4回のプログラムの中で、中脇先生は第3回「街を使いこなす企画へ」に登場されます。

 

以前ASP学科の特別講義にお越しいただいた、芹沢高志さんや森司さんも講師として参加される講座です。

まちづくりやアートマネジメントにご関心のある方、ぜひご参加ください。

 

 

UDCKまちづくりスクール 2015年後期

地域のストーリーを紡ぐ

〜地域資源を活かすアートプロジェクト〜

 

第1回 1月23日(土)10時~12時半
「アートプロジェクトとまちのストーリー」
出口敦氏(UDCKセンター長/東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
芹沢高志氏(P3 arts and environment 統括ディレクター/さいたまトリエンナーレ2016 ディレクター)

 

第2回 1月30日(土)10時~12時,13時~15時半
「まちの資源はどこにある?~街のスキマと人探し~」
大澤苑美氏(八戸市まちづくり文化スポーツ観光部 芸術環境創造専門員)
佐東範一氏(NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク[JCDN] 代表)

 

第3回 2月13日(土)10時~12時半
「街を使いこなす企画へ」
中脇健児氏(場とコトLAB代表/NPO法人ワークショップデザイナー推進機構西日本理事)

 

第4回 2月20日(土)10時~12時半
「プロジェクトの実施に向けて~共有し、巻き込むこと~」
森司氏(公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長)

 

申込方法など詳細はこちらから

 

 

asp

 

 

関連記事

<166167168169170>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。