アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2015年12月24日  イベント

藁工ミュージアム 鑑賞ワークショップ

turn3

日本財団主催「TURN(ひとがはじめからもっている力)- 陸から海へ」が、アール・ブリュット美術館の「みずのき美術館」(京都府)、「鞆の津ミュージアム」(広島県)、「はじまりの美術館」(福島県)、「藁工 ミュージアム」(高知県)の4館合同企画展として、2014年11月~2015年9月にかけて開催されました。

 

会期中、高知県の藁工ミュージアムで、アートプロデュース学科と本学アート・コミュニケーション研究センターが協力して鑑賞ワークショップを開発・実施しました。

準備は前日まで数週間にわたって行われ、美術館での前日リハーサルの様子は、藁工ミュージアムのブログでも紹介されています。

 

本ワークショップは「展覧会とは作家と主催者がつくるもの」というイメージをひっくりかえして、鑑賞者が「TURN展」をつくりだすことを試みました。

 

TURN1
ワークショップでは参加者に、作品を鑑賞して考えたことや感じたことを「足あと」として残していただきました。

その「足あと」は次にやってくる鑑賞者の手助け となります。その後、残った「足あと」を手がかりに、「わたしがつける作品タイトル」、「わたしがつくるTURN展」として、作品や展覧会そのものに自分 なりに名前をつけ、参加者それぞれの「TURN展」をつくり出していただきました。

 

藁工ミュージアムHP

アート・コミュニケーション研究センターHP

 

asp

 

 

 

 

関連記事

<158159160161162>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。