アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2016年10月26日  イベント

【展覧会情報】『何番目かの空白』/室千草先生

プリント
アートプロデュース学科で非常勤講師をしていただいている室千草先生の個展が、Lumen Galleryで11月1日から開催されます。 国内外で映像インスタレーション作品を多数発表されている室先生の新作個展です。秋深まる京都にみなさまどうぞお越しください。

室千草個展
『何番目かの空白』
撮影・編集・構想:室千草 撮影:浜田俊輔 音楽:渡邊崇、大阪音楽大学ミュージッククリエーション専攻 音楽助手:中原実優 音響空間デザイン:松尾謙 出演:谷本真理 タイトルデザイン:玉村ヘビオ パンフレットデザイン:脇原大輔 機材協力:京都造形芸術大学映画学科ラボ 設営協力:新道牧人 今回発表する新作映像インスタレーション作品『何番目かの空白』は、本をパラパラとめくった時、一枚だけ真っ白なページがあったという出来事から作品の構想がうまれ、人の記憶の層、風景の層、その層と層の間にあるちょっとした隙間に、なにかしらの空白や暗闇が存在していたらという心象風景を、映像化しインスタレーション作品として展示します。 会期 2016年11月1日(火)~6日(日) 場所 Lumen Gallery  京都市下京区麩屋町通五条上る下鱗形町543 有隣文化会館2F http://www.lumen-gallery.com 時間 13:00~19:30
入場料 ¥500(作品パンフレット付き) 作家略歴 室 千草(むろちぐさ) 1973年生まれ。1996年大阪芸術大学卒業。 国内外で映像インスタレーション作品を発表している。 主な近年の展覧会は、2006年大阪芸術大学、ポーランド・ポズナンにて個展。2008年ドイツ・ハノーバーでのグループ展「Schon-Shan」、2010年ポーランド・ワルシャワ国立美術館でのグループ展「Mediators」に参加。2015年には、京都・岩倉実相院で開催された音楽家・渡邊崇氏プロデュースのコンサートに映像インスタレーション作品を展示。 http://www.chigusamuro.com

asp

関連記事

<8990919293>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。