アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年12月15日  授業風景

【特別講義レポート】『キャリアデザインって何?』森隆史さん

IMG_8721

12月14日のアートプロデュース学科特別講義は、ゲストに株式会社ディーアイエス代表の森隆史さんをお招きし、『キャリアデザインって何?』というテーマでご講義いただきました。

 

ご自身のこれまでの経歴や経験を紹介された後、最後に森さんは「キャリアデザインとは手塩にかけた自分なりの生き抜くための工夫」だと語られました。

思い描いている以上に世界は遠くに広がっていること、大学という場所は既存の価値観を揺さぶり、新しい価値観(視座)に出会う経験をするところだという話には、深く共感を覚え、自身の生活を振り返った学生も多かったのではないでしょうか。

 「会話と対話の違い」など、普段からアートプロデュース学科で学んでいることとリンクする面も多々あり、これまでの学びをより深く実感できる講義だったと感じます。

 

森さん、ありがとうございました!

 

 

学生の感想より抜粋

 

ものを見るときの視点の変え方、他者の世界観への理解という行為そのものを続けることが、学び=既存の価値観を揺さぶることなのではないか。遊び心とは他社の世界観への理解だと今回の講義でより強く考えさせられました。

 

対話をすることで、自分がもつ価値観の枠組みの外のものが見え、それを吸収することができれば、自分の世界はさらに広がるのだと思いました。

 

asp

 

 

関連記事

<96979899100>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。