情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2018年2月26日  イベント

【卒業制作】「東京展」開催中 !

 

 

 

卒業制作・修了制作選抜展『KUAD ANNUAL2018 シュレディンガーの猫』が2月26日まで東京都美術館で開催中です。

 

情報デザイン学科からは2組が出品しています。

 

 稲田光佑
 Hattori Studio(仲勇気・伊山大吉・梅本華乃・酒井文子・福留明莉・吉椿千紘・鈴木亮佑)
IMG_1408
(画像:稲田光佑さんの『つり革とIoT、新しい広告の形。』は電車の車両内部を模した体験型の展示。写真は稲田さん)

 

IMG_1412
(画像:Hattori Studioのブースは展覧会順路の最後をしめくくる重要な位置に展示された。写真は酒井文子さんと仲勇気さん)

 

IMG_1409

(画像:稲田さんの「リサーチテーブル」。制作プロセスにおける試作や参考資料、ポートフォリオ等が公開されている)

 

 

  
片岡真実教授(本学大学院芸術研究科教授、森美術館チーフキュレーター)のキュレーションによる、素晴らしい展覧会となっています。

各作品には「リサーチテーブル」が併置され、出品者一人一人の制作プロセスや、背景となった関連資料も公開されており、これらをあわせ作品を見ていただくという趣向がとても効果的で見応えがありました。
ぜひご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
KUAD ANNUAL2018 シュレディンガーの猫
2018年2月23日(金)ー26日(月)
9:30-17:30(最終入場時間17:00)
会期中無休 入場無料
東京都美術館1階 [第2展示室・第3展示室]
主催:京都造形芸術大学
|関連記事|

 

 

文:川合匠(情報デザイン学科准教授)

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<9394959697>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。