舞台芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2018年3月14日  学生紹介

蟹の次は亀!! XL2回目公演「甲羅を背負った蛇ではない」

XL_blog_1 

 

 

みなさまこんにちは!

またまた今週末卒業を迎える4回生によるダンス公演のお知らせです!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

XLダンス公演「甲羅を背負った蛇ではない」

 

2018年3月15日(木)/16日(金)

両日18:00~開演(約30分間)

 

京都造形芸術大学 講堂 (体育館)

 

無料(予約不要)

 

creation:
宇野愛生/黒田健太
辻村実央/福岡想/安武千沙子

specialthanks
高松映奈(美術工芸写真コース)/山下海成

 

 

XL_blog_2

IMG_0399

 

【作品内容】neo Japonism/サイバーパンク

物理的価値が廃れていき、電脳空間での生活が当たり前になった世界(現在の仮想空間の位置付けと反転した世界)。

仮想空間で飯を食い、眠り、日本三大義務を果たす。この場所では現実で遊び(ゲーム)は行われる。そこには現在の仮想ゲームに於ける

「負ければ死ぬゲーム」は存在しない。実態や重みが薄れようとも、文化は生まれ発展する。

 

——-

”劇場をマーケット化する”ことを企画の趣旨として、作品を構成。

会場は、京都造形芸術大学講堂(体育館)。

”体育館”という誰でも一度は赴いた場所であることで”劇場”により”足を運びやすくし、受け手にもっと気軽に来場してもらうことがねらいである。

また会場は観劇中も自由に移動が可能で、受け手にとってはより開放された空間で観劇ができる。

 

 

 

【主催】 XL  甲羅を背負った蛇ではない_プラ板_L 甲羅を背負った蛇ではない_外_L

関連記事

<3536373839>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。