プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年5月10日  授業風景

1年生のスケッチの授業をのぞき見◎

 

 

みなさん、こんにちは!

 

暖かくなってきたと思ったら、急に冷え込んだり、

激しい寒暖差に風邪をひいてしまいそうです・・・

 

みなさん、体調には気をつけて下さいね○

 

 

 

さて、先日行われたオープンキャンパスで、こんな質問を受けました。

 

“スケッチに自信がないのですが・・・”

“デッサンを習っていないのですが大丈夫でしょうか?”

 

芸大でのスケッチやデッサンを不安に思う人、たくさんいると思いますが、

プロダクトデザイン学科では、1年生の際にスケッチの基礎から学ぶ事が出来る授業があります!

 

今日はそんな1年生の授業をのぞき見してきました○

 

 

b

今日の授業では、まずは立方体・円柱をスケッチし、

最後にけん玉を描きます。

 

c d

今日のスケッチでは、なんと学生自身が先生です!

クラスの中でグループを作り、グループ内でスケッチが得意な学生が先生になります。

そして、スケッチを見せ合いながら指摘し合ったり、

学生同士で教え合いながらスケッチを進めていきます!

 

 

e

 

実際に立方体を眺めながら、どう描いたらいいか考え中・・・

 

 

f g

“これってどう描いたらいいかな?”

“ここをもう少しこうしたらいいかも!”

 

そんな会話が教室内に飛び交っていました^^

 

 

h i

いつもよりリラックスした雰囲気で

気軽に相談し合いながらスケッチが出来たようです!

 

j

うまくスケッチできたかな?

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■1日体験入学 予約受付中■■■■■■■■■

 

誰でも芸大生になれる特別な2日間!

大学での授業を体験することが出来ます!

 

日時:6/10(日)、7/8(日)

 

ご予約は→こちら

関連記事

<6465666768>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。