プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年5月15日  授業風景

1年生・キャスターワゴンづくり!

 

みなさん、こんにちは!

 

暖かさがもどって、穏やかな陽気が続いていますね

みなさんいかがお過ごしですか?

 

 

 

 

プロダクトデザイン学科では、1年生の 素材・造形実習Ⅰ という授業で

4年間使用する キャスター付きワゴン を制作します!

 

 

b

 

プロダクトデザイン学科では、学科独自に工房を持っており、

工房に設置されている様々な機械や道具を利用しながらワゴンを制作していきます。

 

 

c d

 

この授業では、正しい木材の知識や、図面の読み解き方、

工具等の扱い方を学びます!

 

工房で作業している風景はこんな感じ

 

 

e f

 

工房内では服装はツナギ、運動靴を着用して

必ず安全な格好で作業を行います。

みんなツナギがとても似合っていますね!

 

 

g h

 

作業しているみんなの目はとっても真剣です!

 

i

 

どんなキャスターワゴンが完成するか楽しみです

 

 

 

■■■■■■■■■1日体験入学 予約受付中■■■■■■■■■

 

誰でも芸大生になれる特別な2日間!

大学の授業ってどんな感じなんだろう?

プロダクトデザインってどんなことするのかな?

 

そんな疑問をお持ちの方、

ぜひぜひ1日体験入学を体験してみてください

 

日時:6/10(日)、7/8(日)

 

ご予約は→こちらから

関連記事

<5556575859>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。