キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月26日  授業風景

学生ブログより:「耳をすませると・・・~岩本先生ゼミ~」

 

スーパーに行くとついついアイスを買ってしまいます。

この時期、キンキンに冷えたアイスは最高においしいですよね~

 

 

こんにちは!副手の齊藤です。
今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

——————————————————–——————————————————–

 

こんにちは
初めまして、キャラクターデザイン学科2回生の西村です!
ゼミの紹介ということでブログに参加させていただきました!!

 

これまで数々のゼミがご紹介されてきましたが、私がご紹介するゼミは、
サウンドを中心とした授業をする、ちょっと変わった岩本ゼミをご紹介したいと思います。

 

岩本守弘先生の詳細はこちら!
http://www.kyoto-art.ac.jp/info/teacher/detail.php?memberId=07036
多数のゲームタイトルのサウンドに携わっています!
みんなのプレイしたゲームも、岩本先生が音を作っているかも・・・!

 

 

その前に「サウンドの授業ってなんでしているの?」と思うかもしれません。
それはですね・・・。

 

皆さんが普段見ている映像作品には必ずと言ってよいほど「音」が存在しています・・・
セリフ、BGM、効果音。音も映像を演出する重要な要素となります
サウンドの授業で「音」について深く知ることによって、制作の幅を広げることができるのです!

 

このゼミでは、サウンドの編集はもっともですが、
授業内容は、効果音の作成と声を使って何か表現できないかということをしています!
キャラクターデザイン学科の教室の中には、音を録れるアフレコ室というものがあります。

 

ここがアフレコ室となっています!

image00_20130619150429.jpg

image01.jpg

 

そこで私達は、制作で使えるような様々な効果音を録っています。
アリの歩いた音は録れないけど、ある食べ物を食べた音がそれっぽいよ!
町に繰り出して自然な音を探しに行こう!これって映像作品のガヤに使えるよね。
など、みんなとディスカッションをしながら日々研究しております!

 

 

声をだしたりするのは、ちょっと・・・っでも大丈夫です!
最初は私も苦手でしたが、やっていくうちに音を出すのが楽しくなってきますよ!

 

ですが、録音するにも困難があります。
自分のイメージと全く違った音を出してまうことが多いのです!
例えば、林檎をただかじっても、あのしゃりっとした音がでません。
それをいかに林檎のジューシィな音を録れるのか。ということを考えなければいけません。

 

苦難を乗り超えてベストな音が録れた時は、小さくガッツポーズがしたくなるくらい嬉しかったりします。

 

 

皆さんがこの岩本ゼミを履修する際は、
音と楽しく触れ合って、自主的に研究する心を育んでくれたら幸いです!

 

 

録れた音は制作をしているキャラデの学生に使っていただけるようにしています!
なので、学科の制作に役立てたら嬉しいです!

 

私がこのゼミを受講したのは、絵だけではなく色んなことができるようになりたい・・・。
絵を集中して勉強してきた自分にとって刺激的な授業だと思っています。

 

いつもなら意識しない音や、普段使っているものがこんな音になるなんて!
と思ってもらえるような音を録るのが一年間の私の目標です!

 

まだまだ世界には音があふれています。
新しい音を求めて頑張りまーす!!

 

 

 

 

関連記事

<380381382383384>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。