情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年10月1日  授業風景

【情報デザイン論Ⅴ】福原伸治氏特別講義

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

気がついたら本日から10月ですね。暑さもすっかり和らぎ、金木犀の香りが漂う季節となりました。

今回は少し前のお話となりますが、8/24(金)に行われました情報デザイン論Ⅴ(担当:毛原大樹先生)の特別講義に関してご紹介させていただきます。

ゲストはBuzzFeed Japan株式会社 動画統括部長の福原伸治さんです。

 

_MG_1958

情報デザイン学科で講演いただくのは3回目となります。

2015年にお越しいただいた際の様子はこちら

 

まずは福原さんのこれまでのお仕事をご紹介いただきました。

前職の株式会社フジテレビジョン時代のTVメディア環境のお話から、現在所属されているBuzzFeed Japan株式会社をはじめとするSNS上で取り巻くネットメディアの状況に関してお話しして下さいました。

 

_MG_1971

メディアの場がTVからインターネットに広がるにつれ、視聴者とのコミュニケーションの取り方が変化していっている・・・次の流れがどうなっていくのか日々ユーザー研究を行い、言語化していく必要があるとお話されていたのが印象的でした。

 

授業の中盤からはプレゼン大会が行われました!

プレゼンテーションのテーマは『現代社会において、コミュニティを支えるシステムとして確立した “動画” メディア──。私たちはこれから先、これをどのように利用・活用することができるのでしょうか?デザイン / アート / マーケティング もしくは、あなた独自の観点から、オリジナルの “動画” サービス案を構想してください。』

60分以内に企画スライドを仕上げ、選考会を経て選ばれた5人がプレゼンを行いました。

 

_MG_2019

プレゼンテーションを行った後は福原さんと毛原先生から感想とアドバイスをいただきます。

実際に現場で活躍されている方とのディスカッションということで、発表者も発表を見守る学生もいつも以上に熱が入っているように感じました!

 

_MG_2048

_MG_2046

_MG_2035

TV業界を経てインターネット業界に活躍の場を移された福原さん。

人々の生活がSNS中心になってきた今、新しい考え方持った若い世代の人々と向き合っていき、時には自分の今まで培った経験も活かしていきたいと言う福原さんの柔軟な姿勢に、これからのメディアのあり方ついて考えさせられる講義となりました。

近い将来にデザインという力を使って社会へ発信をしていこうとする学生には、貴重な体験となったようです。

福原伸治さん、この度は有意義な講義を本当にありがとうございました!

 

 

~講師プロフィール~

福原伸治氏

BuzzFeed Japan株式会社 動画統括部長

元株式会社フジテレビジョン報道局 メディア担当局長

代表的な演出番組に、

科学情報番組『アインシュタイン』(1990年)

子ども番組『ウゴウゴルーガ』(1992年)

史上最強ベストヒットアニメ紅白歌合戦’981998年)等。

 

 

スタッフ ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。