美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年9月27日  授業風景

【日本画】瓜生山日本画大賞展2018

 

長い夏休みが終わり、昨日から日本画後期授業が始まりました。

最初の授業は毎年恒例の【瓜生山日本画大賞展】で始まります!

【瓜生山日本画大賞展】は通学部と通信教育部の合同で行われ、学生さんの作品を一斉に並べて

日本画の先生方が審査するといったものです。

 

▼まず、体育館に並べられた作品を先生方がピックアップしていき、壁に並べていきます。

IMG_9129 IMG_9126

 

▼それが終われば、ここから多数決を取っていき選別します。

 そして、これらは全て学生さんの前で行われる公開審査なのです!

DSC05004 DSC05006

 

 

 

 

 

▼先生方が多数決を重ねていった結果、受賞者が決まりました。

 受賞された方々、おめでとうございます!!

DSC05012 IMG_9131 (1)

 

 

 

 

▼受賞された学生が自身の作品について説明をしている様子

IMG_9133 IMG_9136 IMG_9135

 

 

 

▼受賞式の様子

IMG_9149 IMG_9153 IMG_9155

 

 

▼それらが終われば、学生の皆さんは受賞された作品を見て回ったり、先生方に自身の作品について質問したりと

 それぞれが有意義な時間を過ごしていました。

IMG_9146 IMG_9147

 

 

出品者の皆さんお疲れ様でした。

これで全てが決まるわけではありません!

受賞された方もそうでない方も、この瓜生山日本画大賞展をそれぞれの糧の仕方で次に繋げて行ってください!!

関連記事

<4344454647>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。