プロダクトデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年10月12日  ニュース

“OSAKA DESIGN FUTURE”に参加します!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

気が付けば10月、もう秋ですね!

秋といえば紅葉!

京都には神社やお寺など、紅葉スポットがたくさんありますが

山に囲まれた京造でも、とてもきれいな紅葉を見ることができます

 

機会がある方は、京造の紅葉をぜひ見に来て下さいね!

 

 

ーーー

 

 

さて、今回は「OSAKA DESIGN FUTURE」についてのお知らせです!

 

 

「OSAKA DESIGN FUTURE」とは…

 

 大阪の梅田にあるグランフロントと、

 世界各国で開催されている“DESIGN WEEK”がコラボレーション。
 若手デザインナー・クリエイターに焦点を当て、

 国際デザインコンペをはじめとしたデザイン・アートにまつわる

 コンテンツが展示されます。

 (HPより抜粋)

 

 

この「OSAKA DESIGN FUTURE」内で企画されている、
「Students Furniture Exhibition」学生によるファニチャー展”
上林 壮一郎 先生率いる勉強会のメンバーが家具作品の展示を行います!

 

参加してくれたのは、1年生の井口陽渚さん(新潟県立十日町高校出身)、

松堂めみさん(沖縄県立球陽高校出身)、藤代学さん(愛媛県立松山工業高校出身)、

2年生の岡田隆裕さん(静岡県立袋井高校出身)、中村日乃季さん(星槎国際高校出身)、

林虎之介さん(京都成章高校出身)の6人です○

 

b c

○作品タイトル

 インヴェイション スリット/インヴェイション ライズアップ

 

 共通コンセプトはINVASION/侵入である。

 現代は、ある領域に別の領域が平然と侵入し、融け合う時代。

 私たちはこれを家具の中に体現しました。

 スツールがテーブルに侵入し、床下から台座が上昇し進入する様子を表現しました。

 

 

d e

 

本大学のプロダクトデザイン学科は、

グランフロントの北館B1F、1Fで作品展示を行います。

(※詳細場所は下記写真の赤の★印です)

 

 

1F

f

▼B1F

g

 

 

▼作業の様子

 

h i

授業が終わってから工房にこもって、毎日作業を頑張っていた学生達○

1回生の子たちも、まだ使用したことのない機械を

技官や先生、上級生の先輩に教えてもらいながら使用していました!

 

みんな最後までよく頑張りました!

 

j

 

展示期間は2018.10/11(木)~10/31(水)

昨日から始まっています!

 

お時間のある方は、

“「OSAKA DESIGN FUTURE」”

“「Students Furniture Exhibition」学生によるファニチャー展”

ぜひぜひお越しください◎

 

 

OSAKA DESIGN FUTURE WEBサイトは こちら から!


関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。