プロダクトデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年10月18日  ニュース

\関西デザイン学生シンポジウム2018にて最優秀賞を受賞しました/

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

先日行われた、“関西デザイン学生シンポジウム2018”

本校のプロダクトデザイン学科の学生が参加し、なんと最優秀賞を獲得しました!

 

 

■関西デザイン学生シンポジウム2018 とは

 

毎年、その時代を象徴するキーワードをテーマに取り上げ、

デザインの使命は何か、デザインに何ができるのかを考え、学生が発表をする

公開プレゼンテーションイベント。

毎年、各デザイン団体の代表として、デザインを学ぶ学生が様々な視点で

アイディアや提案をしています。

今年のテーマは「#CO共有・共生のデザイン」でした。

 

b

 

今回このシンポジウムに参加したのは、

前期のPDプロジェクトⅣという授業を受講していた3年生のうち、

・内野 陽南子さん(静岡県立掛川西高校 出身)

・佛﨑 亮太くん(広島県瀬戸内高校 出身)

・三好 真基子さん(香川県立高松工芸高校 出身)の3名です!

 

この授業では、“盲導犬とそのユーザーが使うものを新たにデザインする”

という事をテーマに、盲導犬のハーネスと衣服をデザインしました。

 

盲導犬のハーネスをデザインするにあたって、

関西盲導犬協会に何度も訪れ、検証したプロセスや検証結果、

それをどのようにデザインに落とし込んだか…などを発表し、

見事、最優秀賞を獲得しました★★

 

 

c d

 

学生達は普段なかなか聞くことのできない意見や、感想を

聞くことができたのではないでしょうか。

 

今回得られた経験を、今後の課題や活動に生かしていってほしいですね!

 

 

e 

 

あらためて、最優秀賞受賞、おめでとうございました◎

関連記事

<7172737475>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。