こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2018年11月30日  イベント

【特別講義】幼稚園や保育の現場で活躍!ぺんてるのクレヨン!

明日から12月!と思えないほど、ゆるやかな寒さで冬に向かっていますね。

 

さて、今日は毎回お世話になっている「ぺんてる」の大塚さんに特別講義をしていただきました!

「ぺんてる」といえばボールペン、シャープペン、くれよん、絵の具、マーカー、修正具などの文具メーカーです。

大塚義孝さんは、全国各地をまわり、ぺんてるの「画材」を使った表現技法、教育現場や保育現場で子ども達に接するときの関わり方や、声掛けなどの講演を数多くされています。

IMG_6749

今回は「幼児を理解したうえで、幼児が画材と出会う方法を学ぶ」をテーマに、特別講義を行っていただきました。

 

まず取り出したのは「ずこうクレヨン」

こちらはなんと!通常のクレヨンでは描きにくいビニールやガラスにきれいに色がのります!

もちろん、ビニール袋にもスイスイ描けます。これで、描画表現の幅が一気に広がります。

IMG_6713

そして、細長いビニール袋に絵を描いたら、ふくらませます。

大人でもふくらますのがちょっと大変です。そんなときは・・・ストロー!

これで、ちいさな子どもでも簡単に空気を入れられるようになります。子どもに楽しんでもらえる、子どもでも簡単にできる工夫が随所に盛り込まれています!

IMG_6723

IMG_6715

次は白いクレヨンを使って、絵を描きます。お題は魚です。

何を書いているのかよく見えませんね・・・

IMG_6753

しかし、紙の上におろし器をもってきて「パステル」を削ると・・・・

なんと!魚が浮かび上がってきました!しかも、複数のパステルを使うと、グラデーションのような効果も出てきます。

IMG_67793

今回教えていただいた技法は、すぐに実習で使えそうなものばかりでした。また、子どもへの声掛けや、楽しんでもらうポイントなども教えていただき、1回生のみんなの良い学びになったと思います。大塚さん、ありがとうございました!

 

////////// 高校1・2年生にお知らせ ////////////////

こども芸術学科の体験授業を受けてみませんか?

「はじめての、1day!!芸大体験(事前予約制)」予約受付中です!

こども芸術学科の授業は12月23日(日)実施予定です。一緒に物語を作りませんか?

詳しくはコチラ 皆さんのご参加、お待ちしてます!

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。